長崎の九十九島へ出航

「ラストサムライ」のオープニングシーンに使われた青く澄んだ海を進む

佐世保の市街地のすぐ近くには、日本で最も美しい海の景色の一つである西海国立公園の九十九島があります。Kujukushimaは99の島を意味しますが、実際には海岸線沿いに200以上もの青々とした島々が点在しており、紛れもなく美しいですが、その本当の魅力は近くで見たときにこそわかります。
九十九島パールシーリゾートでは、イルカに会えたり、シーカヤックを楽しむことができます。のんびりすることも無人島クルーズに出かけることもできます。また、リゾート内にある多くのレンタルヨットやカヤックから一つを選び、海の旅に出かけることもできます。
ゴールデンウィークまたは8月から10月にかけての週末であれば、旅の最後に遊覧船パールクイーンのサンセットクルーズに参加し、水面が反射できらめき金色に輝く海に島々が暗く浮かんでいるように見える最高の状態を写真に収めることをお勧めします(九十九島リラクルーズのサンセットクルーズは3月~10月のみ運行) 。
----------
Set Sail to the Islands of Kujukushima in Nagasaki
Navigate the clear blue waters from the opening scene of “The Last Samurai”

Just a stone’s throw from the city of Sasebo lies one of Japan’s most stunning ocean views, the Kujukushima islands in Saikai National Park.
Literally meaning 99 islands, there are actually closer to 200 verdant patches scattered along the coastline and while undeniably beautiful, their real charm only emerges at closer quarters. Head to the Kujukushima Pearl Sea Resort for dolphin-watching kayaking or a choice of relaxing or uninhabited island cruises.
Alternatively, embark on a solo ocean trip with one of the many rental yachts or kayaks at the resort. Finally, during Golden Week or weekends between August and October, why not board a sunset cruise and snap the islands at their very best —the glittering on-water reflection means they resemble dark droplets in a sea of gold. (only available Mar. - Oct.)

新型コロナウィルス感染症対策