日本におけるキリスト教の聖地・長崎

禁教令下での潜伏キリシタンの生き方について学ぶ

トモギ村(外海)、長崎市、島原半島、平戸、そして五島列島を巡る「沈黙」ツアーに参加してみましょう。これらの5つの場所は、マーティン・スコセッシ監督の映画「沈黙」を撮影するために制作関係者が訪れた地です。
原作は遠藤周作の小説で、キリシタンが残忍な迫害者の目から逃れて小さな村で2世紀もの間生き抜いた様子が描かれています。
2018年には長崎と天草地方の「潜伏キリシタン」に関連する12の資産がUNESCOの世界文化遺産に登録されました。どんな宗教をお持ちの方でも、自身にとっての信仰の意味を深めるツアーになるでしょう。
----------
The Birthplace of Christianity in Japan
Learn about how the underground Christians lived during the prohibition period

Take the Silence tour covering five different areas, Tomogi village (Sotome), Nagasaki City, Shimabara Peninsula, Hirado, and finally Goto Islands. Each was a stop-off for Martin Scorsese’s film crew while making the film Silence.
It is based on a novel written by Endo Shusaku about Christians and how they survived two centuries living in small villages, hidden from the view of their brutal persecutors.
In 2018 UNESCO recognized twelve sites in the Nagasaki area linked to the “Hidden Christians” as World Cultural Heritage. A tour guaranteed to bolster your faith, no matter what your religious affiliation.

新型コロナウィルス感染症対策