近代化産業遺産群に浸る

繊維から自動車まで日本の工業化の道のりをたどる

織機メーカーとして創業した世界有数の自動車メーカーであるトヨタグループが設立・運営する、日本の技術のめざましい進歩と近代化の歴史に光を当てた博物館です。
来館者は、トヨタグループの今日に至るモノづくりの技術・理念の基礎となった1920年代からの自動織機の実物を見ることができます。続いて自動車館では、目の前で自動車が組み立てられていく様子を俯瞰的に見ることができます。またテクノランドではモノづくりの楽しさを体感できる体験型展示があり、見て・驚いて・学ぶことができ、年齢を問わず楽しめます。
名古屋の中心部、栄生駅からすぐの便利な場所にあるため、この地域を訪れたテクノロジー好きの方が半日を過ごすには最適の旅行先です。
----------
A deep dive into a rich legacy of manufacturing technology
Trace the path of Japan’s industrialization from textiles to automobiles

Founded and curated by Toyota Group, the world-leading automaker that started originated as a manufacturer of textile looms, this museum shines a spotlight on Japan’s remarkable history of technological advancement and modernization.
Visitors can observe original hand-operated Toyota Group looms from the 1920s, which formed the foundation for the manufacturing methods and principles the company employs to this day. Then stroll to the Auto Manufacturing Pavilion, where you’ll get a bird's-eye view as automobiles are assembled before your eyes.
All ages will enjoy Technoland, a hands-on exhibit where you can experience the joy of creation for yourself. Conveniently located just minutes from Sakō Station in central Nagoya, it’s a perfect half-day destination for technology lovers visiting this part of Japan.

新型コロナウィルス感染症対策