bitchu matsuyama castle bitchu matsuyama castle

岡山 新見と高梁 洞窟や城、滝やワイン、温泉、スキー、パラグライダー

洞窟や城、滝やワイン、温泉、スキー、パラグライダー

岡山市や米子市から電車や車で簡単にアクセスでき、パラグライダーやスキー、洞窟探検、釣りなどのスポーツで新見を訪れる人が多いです。他には温泉に来る人もいます。ここには雲の上に浮かんでいるように見える天空の城や祭りもあり、視覚的および聴覚的に興奮します。

食通にとって、新見エリアは、漁業と農業で全国的に知られている地域で、素晴らしい料理とワインを提供しています。

おすすめ

  • domaine tettaでのワインテイスティング
  • 最高級ランクの千屋牛の試食
  • 多くの洞窟や滝の1つを訪問

アクセス方法

新見市へは岡山駅から電車で約90分で簡単に行くことができます。

新見エリアを観光する最良の方法は車です。岡山市でレンタカーを借りて、新見市を中心に岡山市から米子市までの大通りである国道180号線を経由して新見市まで車で行くことができます。新見市で車を借りることもできます。

歴史的建造物を訪ねる

高梁市の吹屋ふるさと村は、重要伝統的建造物群保存地区であり、独特の赤い木造建築物に囲まれた狭い通りを散策することができます。この地域は、歴史的に興味深い他の建物も有名です。旧吹屋小学校は2012年まで開校していて、当時日本最古の現役木造校舎でした。現在は、岡山県の重要文化財で修復工事を経て2022年4月より一般公開します。

ワイン愛好家や食通のために

新見市を構成する主要な町の1つ哲多町は、山頂に岡山の有名なブドウ園のひとつ、domaine tettaがあります。受賞歴のあるワイナリーは最近、訪問者にワインで楽しむ食通体験を提供するカフェをオープンしました。

新見市の千屋エリアでは、千屋牛が飼育されています。千屋牛は東京と大阪の高級レストランで見つけることができますが、新見市には最高級ランク肉を楽しむことができるより手頃な価格のレストランがあります。

温浴とクールパウダー

千屋エリアには、このエリアで大きな温泉リゾートの1つがあります。新見千屋温泉いぶきの里では、宿泊せずに日帰り温泉を楽しめます。いずれにせよ、お風呂上がりのランチやディナーは、千屋牛のグリルもお好みで楽しめます。

冬の間、家族と一緒に楽しむ雪のアクティビティがたくさんあります。いぶきの里スキー場には、3つのリフトと5つの滑走路があり、さまざまなレールとスノーボーダーやフリースタイル愛好家のための壁があるスキーエリアがあります。

空中と地下の冒険

大佐町はパラグライダーやアドベンチャーアクティビティで有名です。渓谷に位置し、パラグライダーを試すのに適した場所です。

新見市は岡山でホタルを見るのに最適な場所の1つです(5月から7月まで)。夏には見事な花火大会があります。川と洞窟のトレッキングは一年中行うエキサイティングなアクティビティです。

井倉洞や満奇洞の鍾乳洞が人気で、高梁川沿いには釣り場があります。ダムの近くのエリアは、ハイカーに緑豊かな森を探索する場所を提供します。

雲の中の城

備中松山城 は、日本に残っている天守が現存する12の城のうちの1つで、高梁の町の山頂にあります。標高430メートルの高さにある城です。周辺は雲に覆われ、城の下を埋め尽くすことが多く、「天空の城」という愛称がつけられています。

お祭り騒ぎ

10月15日は新見市が大名行列を行う日であり、江戸(現在の東京)の将軍参列する前に、藩主が自分たちの土地を調べたときのことを思い起こさせます。

行列は新見市の繁華街を移動し、新見市の住民の多くが関与し、戦士の鎧を身に着け、旗を掲げ、子供たちでさえ伝統的な着物を着ています。見事に手入れされた馬が誇らしげに歩くので、見所は青、黒、赤と金で華やかに装飾された神輿担ぎを含みます。

もう1つのお気に入りのイベントは5月5日の子供の日に開催されます。このイベントは、県でも大きな釣り大会の1つです。子供たちは魚でいっぱいの特別な池で何かを捕まえることが保証されています。本格的な釣り人には、釣った魚の大きさに応じて素晴らしい賞品があり、高梁川には座って釣り糸を垂らすことができるたくさんのスポットがあります。

祭りの期間中、古い新見中央商店街は屋台やその他の活動でいっぱいです。



* このコンテンツの情報はCOVID-19の影響により、実際の状態と異なる場合がありますのでご注意ください。

新見と高梁の周辺情報

bitchu matsuyama castle 食べ物と飲み物
岡山 新見と高梁
Ikura-do cave 自然
岡山 井倉洞 Okayama-ken
Bitchu Matsuyama Castle 歴史
岡山 備中松山城 Okayama-ken

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages