Hofu Tenman-gu Shrine Hofu Tenman-gu Shrine

山口 防府 強力な侍の氏族の本拠地と日本で最初の学問の神様

強力な侍の氏族の本拠地と日本で最初の学問の神様

山口県 の防府は、周防灘と瀬戸内海に面しています。防府は、長州藩(山口県の旧称)の藩主である強力な毛利氏と長い間関係がありました。毛利氏は、ここにその主な邸宅と庭を作りました。ここには10世紀に建てられた防府天満宮 や毛利氏の歴史を記録した博物館があります。

おすすめ

  • 見事な防府天満宮
  • 毛利氏庭園と毛利博物館
  • 8世紀に建てられた周防国分寺

アクセス方法

一般的な防府付近には、電車や飛行機で行くことができます。

新山口駅へは、東海道・山陽新幹線を利用して東京から4時間半、大阪から2時間でアクセスできます。東京の羽田空港 から山口宇部空港へは飛行機で1時間半です。山口市 の新山口駅から岩国 行きのJR山陽線を利用して、JR防府駅に行くことができます。

精神を向上させる神社

防府天満宮 と呼ばれる壮大な神社は、日本で最初に創建された学問の神「天神」の神社です。天神は、神格化された、平安時代の学者、詩人、政治家である菅原道真(845-903年)です。その鳥居をくぐり抜けるだけで、防府天満宮 が非常に特別な場所であると感じられます。10世紀に創建されてから、多くの紳士・淑女が神社までの石段を上ってきました。

7月7日の七夕祭りには、神社の参道に願い事の短冊が掛けられた竹が並びます

防府天満宮は日本で最初の天満宮です。

昔の侍の氏族を称えた博物館と庭園

長州藩の代々の藩主である毛利氏は、山口の歴史の中心です。彼らは関ヶ原の戦い(1600年)で敗北した後、ここに移住しました。

毛利氏庭園 と毛利博物館は、防府天満宮 からわずか2キロメートルのところにあり、山口で最高の庭園のいくつかがあります。この広大な庭園は季節によって変わるものがあります。静かな湖を見渡して、秋の紅葉を眺めてください。博物館では、氏族に関連する制服、書物、芸術品などの人造物が展示されています。

周防国分寺

この8世紀の仏教寺院はとても静かですが、非常に印象的な見るべき建物がたくさんあります。これが元の寺域が残っている唯一の国分寺で、歴史愛好家は必見です。国分寺は8世紀に、仏教を推進するために日本各地に建立された寺です。

山口の歴史の中心となる宗教的な場所

防府の他の多くの場所と同様に、周防国分寺は長州藩の藩主である毛利氏と強いつながりがあります。立派な鳥居を含め、この寺院のいくつかの建物は、毛利氏の支援を受けて再建されています。

防府の様々な名所を巡るには、少なくとも数時間、歴史が好きであればそれ以上の時間を確保して旅行を計画しましょう。



* このコンテンツの情報はCOVID-19の影響により、実際の状態と異なる場合がありますのでご注意ください。

防府の周辺情報

Hofu Tenman-gu Shrine 歴史
山口 防府
Hofu Tenman-gu Shrine 歴史
山口 防府天満宮 Yamaguchi-ken

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages