Around Sapporo Around Sapporo

北海道 北海道 日本の最北端を探索する

北海道は、美しい自然、世界レベルのパウダースノー、おいしい海鮮物、魅力的な先住民の文化が有名です。東京から飛行機ですぐの北海道は、オールシーズン楽しめます。

北海道は、パウダースノーとニセコ、ルスツ、富良野などの人気リゾートがあるため、冬のスキーやスノーボードに人気の場所となっています。北海道の主要都市である札幌は、札幌ビール、札幌ラーメン、毎年恒例の札幌雪祭りが有名です。函館は、魅力的な歴史エリアと素晴らしい夜景が楽しめる伝統的な港です。 北海道の穏やかな夏は、湿度が低く、国立公園をハイキングしたり散策したりするのに最適です。北海道の多くは手付かずの自然で、天然温泉や火山湖などがあり、忘れられない体験ができます。阿寒湖では、先住民族アイヌの人々の文化と伝統を探索し、知床半島では、自由に歩き回るヒグマ、キツネ、鹿を見ることができます。

アクセス方法

北海道は、日本のすべての主要空港から札幌近郊の新千歳空港 まで飛行機が運航されており、アクセスし易く、また上海とソウル発着の国際線もあります。東京からの直行便は2時間弱で札幌に到着します。東京から新幹線を利用することも可能です。新幹線にはジャパンレールパスを使用できます。

北海道への最短の交通手段は飛行機です。東京から札幌の新千歳空港までは飛行機で約90分、電車では約8時間です。JR東北/北海道新館線で東京から新函館北斗駅まで行き、そこから特急北斗に乗り換えて札幌に向かいます。本州からは、札幌市外の港行きの安価な長距離フェリーもあります。新潟、大洗(茨城県)、仙台、名古屋、舞鶴(京都県)、敦賀(福井県)から北海道行きのフェリーが運航されています。

詳細を表示

見逃せない

  • 冬のニセコとルスツでのスキー
  • 夏の富良野のなだらかな丘のラベンダー畑
  • ジューシーなカニ、サーモン、新鮮な寿司などの新鮮な海鮮物
  • 北海道の国立公園の手付かずの自然

特産物

  • 石狩鍋

    北海道の石狩川は、川を泳ぐ美味しい鮭が有名です。石狩鍋は、この鮭と地元産のじゃがいも、季節の食材を鍋で昆布と味噌で煮込んだものです。

    food-craft
  • 北海道 海鮮

    日本の代名詞ともいえる海の幸は、全国各地のメニューに登場します。しかし、最も新鮮で、最も美味しく、最も豊富な種類を求めるなら、北海道がお勧めです。カニ、ホタテ、ウニ、イカ、サケ......日本の北に位置するこの島では、さまざまな食材が有名です。海鮮丼は、新鮮な魚介類がたっぷりとご飯の上にのっていて、いろいろな味が楽しめます。

    food-craft
  • 室蘭やきとり(むろらんやきとり)

    1930年代にこの地域で養豚が盛んになり、多くの焼き鳥店が室蘭やきとりをメニューに加え始めました。室蘭やきとんとも呼ばれ、焼き鳥と同じようにジューシーな豚肉を串に刺して焼き上げることから名付けられています。

    food-craft
  • 帯広豚丼

    地元産の豚肉を短時間熟成させて天然のうま味を出し、焼いて、北海道産のご飯にのせたどんぶりです。北海道の自然の味わいをアピールするシンプルな一品です。

    food-craft
  • 美唄焼き鳥

    ほとんどの焼き鳥店では、一般的な鶏肉の部位が提供されますが、美唄焼き鳥は砂嚢、ハツ、レバーの焼き鳥です。いくつかの焼き鳥を食べてみて、味わったことのない味を楽しんでみましょう。

    food-craft
  • 札幌ラーメン

    濃厚な味噌スープにバター、スイートコーン、もやし、豚肉が入った冬に温まるこのラーメンは、札幌をはじめ北海道各地のラーメン店で提供されています。 濃厚な味噌スープにバター、コーン、もやし、チャーシューをトッピングした冬の風物詩。

    food-craft
  • 毛ガニ

    毛ガニは、生でも茹でても焼いても食べられ、その身は非常に甘くて柔らかいです。毛ガニは北海道の寿司、お弁当、鍋などに使われています。

    food-craft
  • 釧路勝手丼

    釧路和商市場では、ご飯を買って、市場内をめぐり、新鮮でリーズナブルな価格の海鮮ネタを好きなだけいっぱいのせて食べましょう。

    food-craft
  • 函館ラーメン

    函館ラーメンは、伝統的な豚骨や鶏ガラスープをベースに昆布や魚介類を加え、函館の豊かな海産物のうま味が生かされており、よりあっさりとした、油っぽさが少ないスープになっています。

    food-craft
  • ホッケ

    ホッケは、オホーツク海の冷たい海で獲れる魚です。風味豊かでジューシーなホッケは、生でも、茹でても、または焼いてレモンや醤油と一緒にも美味しく食べられます。脂がのっているので、白米やお酒のお供に最適です。

    food-craft
  • ジンギスカン

    ラムまたはマトンの切り身と野菜をテーブルの上に置かれたドーム型の金属グリルで調理されます。ソースをかけて食べると、みんなでワイワイと食事を楽しむことができます。この料理の名前はチンギス・ハーンにちなんでいますが、これは日本人がラム肉をモンゴルの兵士の好物と考えたからです。

    food-craft
  • 夕張メロン

    完璧な丸い形ととても甘くて有名な夕張の温室で育てられたハイブリッドメロン。これ以上に美味しいメロンはないでしょう。

    food-craft
  • スープカレー

    スープスタイルの美味しいカレーです。かぼちゃ、オクラ、レンコンなど、旬の野菜がたっぷり入ったスパイシーな一品です。和牛や北海道ズワイガニなどがよく使われています。

    food-craft
  • 旭川ラーメン

    醤油ベースの美味しいスープに油が加わった旭川ラーメンは、細くてしっかりとしたちぢれ麺で、大きな音を立てながら食べるのがとても楽しいラーメンです。

    food-craft
  • アイヌ工芸

    日本最北端の島、北海道には、自然を深く尊重し、いたるところに神いると信じている先住民のアイヌが住んでいます。彼らはかつて狩猟、釣り、採餌を行って暮らし、ナイフや衣服など、日常生活で使用される多くの美しい品々を作り出しました。

    food-craft
  • 二風谷イタ

    緩やかな渦巻き、ひし形の目、とげ、魚の鱗などが彫られた、アイヌ文化ならではの伝統をモチーフにした手彫りの木製の盆。それぞれの作品は、木目を強調するために複雑に作られています。アイヌの人々は指輪を付けず、二風谷イタなどに愛の印を刻みました。

    food-craft
  • 二風谷アットゥシ

    オヒョウやシナノキの樹皮を手紡ぎし、独特の風合いの生地に織り上げられています。この耐久性と通気性のある天然繊維は、地域の着物、作業着、アクセサリーに使用されており、母なる自然のゴアテックスです。二風谷アットゥシは、何世紀にもわたってアイヌの家庭で一般的に使用されていた素材でした。

    food-craft
  • 八雲木彫り熊

    北海道八雲町の小さな町の農民たちは、雪のため冬は働けませんでした。そのため、1924年に金を稼ぎ、退屈を紛らわせるために、お土産として木彫りの熊を彫り始めました。鮭を咥えた熊の彫刻は、北海道で最も象徴的なお土産のひとつになっています。

    food-craft
  • ボルタ人形

    ボルタ人形は、北海道の鉄の街、室蘭で作られた、ボルト、ナット、ワッシャーなどの部品を溶接した人形です。高さ5センチのボルタのキャラクターは、武将、ミュージシャン、歌手、テニスプレーヤー、茶道の達人、天文学者、思想家、その他多くの様子を表現した100ポーズあります。

    food-craft

季節別の見所

  • 雪が溶けると北海道は変貌します。北海道は北部に位置することから、5月の後半に桜が楽しめます。

    lake toya area
  • 北海道の夏はラベンダーの季節で、他にもたくさんの花祭りが開かれます。山の雪がすべて溶けると、ハイキング、マウンテンバイキング、ラフティングなどの夏季のスポーツが楽しめます。

    lake shikotsu area
  • 秋は、街の壮大なイルミネーションと国立公園の色とりどりの木々を楽しみましょう。収穫したての北海道の旬の食材を味わってみましょう。

    jozankei onsen
  • 日本のスキーと言えば北海道です。新雪が降り積もったニセコ、ルスツ、富良野のリゾートのゲレンデを滑るチャンスをお見逃しなく。巨大な雪と氷の彫刻が見られるさっぽろ雪まつりは、毎年何千人もの人々を魅了しています。

    jozankei onsen

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages