narai-juku narai-juku

長野 木曽谷 手つかずの日本の田舎を散策する

手つかずの日本の田舎を散策する

長野 県南西部にある起伏の激しい森林に覆われた木曽谷は、昔を感じられる場所です。この地域には、旧中山道の最も保存状態の良い場所、魅力的な歴史ある街、神聖な御嶽山 があります。

おすすめ

  • 馬籠、妻籠、奈良井の保存状態の良い中山道の宿場町
  • 木曽福島の酒
  • 人里離れた王滝村の御嶽山の神聖な滝
  • 木曽の素晴らしい湖と川

アクセス方法

木曽谷を走り抜ける特急しなのは、長野と日本各地を結ぶ列車です。列車からの景色を観れば、早く観光したくてたまらなくなるでしょう。

東京からは、新宿駅で松本 行きのJRあずさに乗り、塩尻で特急しなのに乗り換えます。または、東京駅から東海道・山陽新幹線に乗り、名古屋で乗り換えます。

長野県北部の長野市や松本市からは、特急しなので木曽福島に簡単にアクセスできます。岐阜 県の宿場町馬籠を先に訪れ、長野県の妻籠 まで中山道を散歩するのも選択肢の1つです。

概説

木曽谷の東には中央アルプス、西には御嶽山があります。

木曽周辺で販売されている木工品は、何世紀にもわたり、天皇に賞賛されている最高品質のヒノキから作られています。

御嶽信仰は神道、密教、シャーマニズムが合わさったものです。

標高3,067メートルの御嶽山は富士山に次ぐ、日本で2番目に高い火山です。

中山道を散策して昔の日本を感じる

1600年代初頭から1800年代後半まで、中山道は京都と江戸(現在の東京)を結ぶ重要な街道でした。その内の70キロメートルは木曽を通っており、木曽には、南部の馬籠 から北部の贄川まで宿場町が11ヵ所あり、商人や旅人の休息地や娯楽場所となっていました。

時が止まっている

木曽の中山道の一部は、歌川広重の浮世絵の版画で描かれたように、今でも信じられないほど良い状態で保存されています。これは特に、木曽谷への南部の入口となる古い木造家屋が立ち並ぶ2ヵ所の象徴的な宿場町である、馬籠と妻籠 に言えます。

木曽谷の北部にある奈良井も保存状態の非常に良い町です。奈良井は木曽エリアで最も大きな町で、主要道は1キロメートル以上あります。古い木造家屋が行燈で彩られる夜に訪れるのが最適です。

中山道の中間地点である木曽福島を探索する

木曽最大の町は木曽川沿いののんびりとしたコミュニティです。かつてここは、江戸時代の徳川将軍が人と物、特に銃の輸送を厳しく管理するために、中山道の検問所の1つとして使用されていました。現在の木曽福島は、木曽川沿いに家々が立ち並び、保存状態の良い地域や土産物店がある、散策するのに楽しい町になっています。

巡礼者の道をたどる

日本で最も神聖な山の1つである御嶽山 は、1000年以上の間、巡礼地となっています。御嶽山では、途中、儀式を行いながら、参拝路を山頂まで歩く信者が日本各地から訪れています。

木曽の壮大な水路

木曽谷は、信じられないほど綺麗な水が無限に流れているように見えます。光の加減やその他の要因に応じて、湖、川、小川は透き通った水からターコイズブルーやエメラルドグリーンまで様々な色に変化します。

木曽の各所に水を利用した体験観光がたくさんあります。魚釣りをして、日本でイワナと呼ばれる魚(Japanese Trout)を釣り、阿寺渓谷を流れるターコイズブルーの川沿いの最高のロケーションでバーベキューしましょう。

御岳湖でのカヤック

素晴らしい火山の景色を求めて、御岳湖でカヤックを楽しみ、木曽地域をさらに満喫しましょう。王滝村自然湖では、そびえ立つ渓谷の中でカヤックを楽しむことができます。木曽川でのラフティングは、木曽の水路で1日楽しむもう1つの選択肢です。

木曽谷の周辺情報

narai-juku 文化
長野 木曽谷
Narai-juku 歴史
長野 奈良井宿 Nagano-ken
Mt Ontake 自然
長野 御嶽山 Nagano-ken
Tsumago-juku 歴史
長野 妻籠宿 Nagano-ken
Nakasendo 歴史
長野 中山道 Nagano-ken
2050 Aichi Village_main 山と高地
長野 阿智村 Nagano-ken
Tenryu-kyo Valley Area 自然
長野 天竜峡 Nagano-ken

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages