08_Nozawa Onsen 08_Nozawa Onsen

長野 野沢温泉 魅力的で昔ながらの雰囲気がある世界クラスのスキーリゾート

魅力的で昔ながらの雰囲気がある世界クラスのスキーリゾート

かつては活気のない温泉街であった野沢温泉は、現在、国際的に有名なスキーリゾート地であり、あらゆるウィンタースポーツに最適な条件が揃っています。店が建ち並ぶ狭い通りから、スリル満点の冬の火祭りまであり、スキーヤーでなくともここで素晴らしい時間を過ごすことができます。

おすすめ

  • 日本有数の素晴らしい観光地のゲレンデを滑る
  • ミネラル豊富な温泉で筋肉痛を和らげる
  • 日本の昔の雰囲気が残る魅力的な町を散策する
  • 野沢温泉の身の毛のよだつような火祭りを見る

アクセス方法

東京から野沢温泉へは車やバスで行くのが一番便利です。

東京の成田空港 または羽田空港 からは、12月から3月までの間、野沢温泉行きの長野スノーシャトルが運行されており便利です。所要時間は約6時間です。バスは野沢に停車した後、白馬 志賀高原 の他の長野スキー場 にも停車します。

東京駅 から北陸新幹線を利用して、飯山(1時間40分)に行き、野沢温泉ライナーのバスを利用して野沢温泉にアクセスすることもできます(25分)。

冬季は、大阪、京都、名古屋から直行バスが運行されています。

概説

8世紀にさまよっていた僧侶が野沢にたくさんの温泉があることを発見したと言い伝えられています。

野沢温泉は、1998年の冬季オリンピックで、バイアスロンの会場となり、多くの冬季オリンピック選手が野沢を称賛しました。

パウダースノーの世界

パウダースノーが豊富なことから、野沢温泉は世界中から熱心なスキーヤーやスノーボーダーの注目を集めており、日本で最も人気のあるリゾート地の1つになっています。スキーが行われるようになったのは1912年で、国内で初めてスキーがスポーツとなった場所の1つです。この地域では、積雪が最大で10メートルになることもあります。あらゆるレベルのスキーヤーやスノーボーダーに適した、50キロメートルの斜面に最大44つのゲレンデと20基のリフトがあります。

村のすぐ北にある日本スキー博物館は、ウィンタースポーツの資料を収蔵しています。オリンピックや日本のスキーの歴史などの展示があります。

心と体を浸す

ゲレンデで長い一日を過ごした後は、温泉に浸かるのが一番です。野沢温泉の湯仲間という組織が村各地に13の無料の共同浴場を管理しており、それぞれに異なる菩薩、つまり仏がいます。大湯は村の中心部にある複雑な木造の建物で、最も大きいです。浴槽には慎重に入ることになるかもしれません。野沢温泉の湯はとても熱いです。

天然温泉はさわやかで美味しいです。八幡神社や長坂ゴンドラ駅の近くでボトルに水を詰めることができます。

入浴する猿を見る

野沢では、地獄谷野猿公苑 の有名なニホンザルに会いに行くことができます。12月から4月までの冬季は野沢から直行バスが1日に2回運行しています。所要時間は約1時間です。

火のスリル

野沢火祭り は、日本で最もワイルドな伝統的な神道の祭の1つであり、見逃せない祭です。

祭は毎年1月15日に開催され、いわゆる厄年(伝統的な暦で定められている)の村の男性を守る通過儀礼と昔の新年の火の儀式が組み合わさったものです。たいまつを持った村人たちは、神社を守ろうとしている男性たちとにらみ合い、仮の神社を燃やそうとします。火花が四方八方に飛ぶ、この神社をめぐる戦いは衝撃的です。

野沢のアルプススキーの夜

野沢のナイトライフは白馬 のようなリゾートよりも寂しいものかもしれませんが、それでも日が落ちてからやることはたくさんあります。日本式パブの居酒屋やそば屋がたくさんあります。里武士ではタップから注がれる様々な日本のクラフトビールを楽しめ、風の家では美味しいイタリア料理が食べられ、陽気なオーナーが迎えてくれます。家庭的なコーヒーショップ「七良兵衛」でも食事でき、地元の人に人気があります。

小腹がすいたら、冬カボチャや辛いなすなどの風味豊かな具材が入った焼き餃子である「おやき」をつまみましょう。温泉卵と同様に、道端で買うことができます。主要共同浴場である大湯の近くには麻釜と呼ばれる屋外スペースがあり、そこで地元の人たちが90度の一定の温度に保たれた湧き出るお湯で卵を茹でています。早起きして、一生懸命茹でている様子を見てみましょう。

完璧な夏の山の静養地

冬が野沢温泉の観光のピークシーズンですが、夏は低地の厳しい暑さから逃れられる涼しい静養地になります。マウンテンバイクを借りたり、ハイキングやカヤックに乗ったり、地元の企業が開いているヨガクラスや和食の料理クラスに参加したり、アートなど様々あります。

木版画家の北斎が晩年を過ごした魅力的な小布施町に立ち寄る価値はあります。新幹線を利用して長野市 へ行く場合は、印象的な善光寺 や地元のそばを堪能してから、野沢温泉に向かいましょう。

野沢温泉の周辺情報

08_Nozawa Onsen スキーとスノーボード
長野 野沢温泉
08_Nozawa Onsen スキーとスノーボード
長野 野沢温泉スキー場 Nagano-ken
Zenko-ji Temple 歴史
長野 善光寺 Nagano-ken

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages