gokayama gokayama

北陸信越 富山 山から海まで最高の日本の田舎

世界遺産の五箇山と立山黒部アルペンルートが有名な富山は、森林や川も日本一の素晴らしさです。

富山は日本の雪国であり、ラップランドを彷彿とさせる五箇山 の合掌造り集落の冬の景色は見事です。雪どけすれば、自然愛好家やアウトドア愛好家は立山連峰 や富山の峡谷で、絶景を眺めながらのハイキング、登山、カジュアルな温泉旅行を楽しめます。春のホタルイカなどの季節の海鮮物も富山の魅力です。ガラス製品、ブロンズ製品、木彫りなどの何世紀にもわたる歴史を持つ伝統工芸品も見逃せません。

アクセス方法

富山へは金沢、長野、東京などから北陸新幹線を利用してアクセスできます。富山と松本市などの交通ハブを結ぶ高速バスも運行されています。

東京からは新幹線で2時間半かかります。大阪と京都からは、JR特急サンダーバードを利用して金沢まで行き、JR北陸新幹線に乗り換えて富山駅(所要時間20分)で下車します。名古屋と富山市を結ぶ高速バス(3時間)、そして長野県松本市からも富山市行きの濃飛高速バスが運行されています。

詳細を表示

見逃せない

  • 総称して五箇山と呼ばれる、菅沼と相倉の世界遺産の集落
  • 工学技術の偉業である、日本で最も高いダム、黒部ダム
  • 春に開くアルペンルートの巨大なそびえ立つ雪の壁
  • 立山連峰のトレッキングや火山湖の散策

特産物

  • ほたるいか

    ほたるいかは、青みがかった光を放つため、英語でもfirefly squid(ほたるいか)と呼ばれています。富山県沖で4月から5月にかけて、漁が解禁され、漁が行われます。醤油に漬けたものや酢味噌をつけて食べてみましょう。刺身のように調理せずに新鮮なものを味わったり、乾燥させたものや焼いたものもあります。これは地酒との相性が抜群です。

    food-craft
  • 高岡漆器

    400年以上の歴史を持つ高岡漆器には、いくつかの特徴的なバリエーションがあります。青貝塗は、薄くスライスした貝殻を使用して、鳥や花の幾何学的な絵が描かれたものです。勇助塗は貝殻、金、石が使用されています。彫刻塗は、漆を塗る前に模様が彫られています。いずれも美しく独創的な作品に仕上がっています。

  • 富山干柿

    富山の柿は日本でも有数の甘さを誇ります。外に吊るして自然乾燥させるとさらに甘くなり、干柿になります。

    food-craft
  • 白えび

    富山湾に生息する希少種である白えびは、繊細な味わいと上品な甘さが特徴です。刺身やお寿司、海鮮丼などで食べると美味しいです。

    food-craft

季節別の見所

  • 4月は日本のほとんどが桜で盛り上がりますが、富山では、日本アルプスの冬の厳しさが長いことを示す立山連峰の高さ20メートルの雪の壁を見に観光客が訪れます。

    Cherry blossom of Matsukawa Beri riverside-SPR
  • 立山連峰のさわやかなそよ風、まだ残っている雪で涼みましょう。黒部ダムを訪れたり、海王丸パークの海岸を散策しましょう。海王丸パークには、印象的な古い帆数29枚の帆船があります。

    gokayama
  • 富山は気温が急激に下がり、10月の紅葉が特に色鮮やかです。五箇山の茅葺き屋根の家屋もフォトジェニックです。秋のハイキングは、黒部峡谷が最適です。

    Cosmos at Tonami Yumenotaira-AUT
  • 富山の冬はシベリア風が吹き、分厚い雪が積もる厳しいものです。地元の人を真似て、スキーやスノーボードを楽しんだり、風光明媚な雪景色を楽しんだりできます。特に、露天風呂からの眺めは最高です。

    gokayama

近くの地域の検索

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages