Lake Biwa Lake Biwa

関西 滋賀 日本最大の湖周辺の文化と静けさ

京都から目と鼻の先にある、日本最大の湖がある滋賀は、伝統的なお祭り、アウトドアの楽しみ、風格のある城など充実した県です。

滋賀県は何世紀にもわたって、東京と京都の間にあるというその地理的な恩恵を受けてきました。裕福な商人と強力な指導者が見事な寺院、神社、城を建て、にぎやかな祭りでその繁栄を祝っていました。そしてそのお祭りは現在も行われています。琵琶湖と冬には雪を楽しめる山々に恵まれ、人ごみから離れて、季節を問わず、アウトドアを楽しむのに最適な場所です。

アクセス方法

滋賀は東京、大阪、名古屋などから新幹線で簡単にアクセスできます。琵琶湖の南西部の観光地へは、京都から普通列車ですぐに行くことができます。

JR東海道新幹線の米原駅は、琵琶湖東部の観光地への交通ハブです。東京から米原までの所要時間は2、3時間です。京都から琵琶湖南部にある大津と甲賀へは、JR東海道本線(この区間は琵琶湖線と呼ばれている)で簡単にアクセスできます。京都からは、JR湖西線や地下鉄東西線・京阪京津線を利用してアクセスすることもできます。

詳細を表示

見逃せない

  • 完全なまま残っている数少ない日本の城の1つ、彦根城
  • 長浜と近江八幡でのにぎやかな祭り
  • 琵琶湖とその周辺の湖の文化
  • MIHO MUSEUMや滋賀県立陶芸の森などの混雑していない美術館

特産物

  • 鮒寿司

    琵琶湖で獲れる鮒を塩漬けにした後、蒸した米の中で3年間発酵させたものです。これは千年の歴史があり、現代の寿司の先駆けとなったものです。濃厚で酸味のある味わいと香りが特徴の鮒寿司は、寿司のブルーチーズのようなものです。

    food-craft
  • 近江牛

    日本で最も古い和牛のブランドです。近江牛は、日本最大の湖である琵琶湖の近くで飼育されている牛です。濃厚な霜降りとバランスのとれた味わいが特徴。

    food-craft
  • 信楽焼

    信楽は、日本六古窯の1つです。信楽焼と呼ばれる素焼きの石器や釉薬をかけたと陶磁器が焼かれています。近代的な造形では、岡本太郎による日本万国博覧会(1970年大阪万博)の太陽の塔など、アートや建築にまで使用されています。

    food-craft
  • 近江上布

    麻繊維やラミーと呼ばれる亜麻のような繊維で作られている近江上布は、夏に使われる生地です。その模様はこの天然繊維に素晴らしい魅力を与えています。熟練した織人だけが、別々に手染めされた縦糸と横糸を織り上げ、崇高な絣(かすり)織物を作り出すことができます。

    food-craft

季節別の見所

  • 滋賀は4月中、桜で賑わい、祭りのシーズンが本格化し、最大かつ最高の祭りがいくつか行われます。

    hikone castle
  • 花火が夏の空に打ち上げられ、琵琶湖のウォータースポーツで暑さをしのげます。さらに夏は、滋賀の寺院の鮮やかな緑の敷地での森林浴に適した時期でもあります。

    lake biwa
  • 11月中の紅葉を楽しんだり、大津祭りに出かけたり、世界初の小説に影響を与えた秋の月を探しましょう。

    hikone castle
  • びわ湖バレイでスキーやスノーボードを楽しんだり、滋賀の温泉で温まりましょう。美味しいおやつと温かい地酒でも温まれます。

    shiga-kogen highlands area

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages