Nachisan Nachisan

和歌山 那智山 神々の聖域と世界遺産熊野古道の主な目的地

神々の聖域と世界遺産熊野古道の主な目的地

熊野那智大社 は、日本で最も写真映えに適した場所のひとつです。原始林に据えられた強力な滝は、山の神々の崇拝者のためのこの精神的な家の自然な焦点です。

おすすめ

  • 日本で最も高い垂直落下の滝のふもとでの雷鳴の精神性
  • 那智の扇祭りで夏の興奮のさまを見る
  • 神々への道であると信じられている昔のままの石畳の階段

アクセス方法

奈良の南、和歌山県 に位置する那智山エリアは、公共交通機関でアクセスできます。

和歌山の紀伊勝浦駅から那智の滝前までバスで30分。和歌山県外からお越しの方は、JR紀勢本線で名古屋や新大阪から紀伊勝浦まで直行できます。名古屋からの旅は4時間弱で、途中で和歌山の海岸線を一望できます。

概要

那智の滝は水柱の落差が日本で最も高い133メートルの滝です。

滝は神道の神の故郷として日本人により古くから崇拝されてきました。

天国への階段、大門坂

谷のふもとから熊野那智大社 青岸渡寺 そして那智の滝 霊的聖域まで続く、この石畳のなだらかな傾斜の階段は、熊野古道巡礼路 を約600メートルにして観光客に提供します。

杉や樟脳、竹の天蓋で守りながら、平安時代の着物で267段の階段を上って、巡礼者が満喫することもできます。

神聖な立ち寄り場所、熊野那智大社

山腹にひっそりと佇む熊野那智大社 は、熊野古道伊勢路のスピリチャルスポットのひとつで、古道に点在する三神社のひとつです。ここに祀られている女神は縁結びの神です。これは「結び目を作る」と翻訳できるため、彼女は結婚の神として知られています。

美しい仏教建造物、青岸渡寺

青岸渡寺 熊野那智大社 と肩を並べる仏教建築物です。19世紀、政治が2つの宗教を分裂させるまで、異なる2つの信仰は1つに結合されていました。

神学はさておき、咆哮する那智の滝の前景には、この寺院で有名な印象的な鋭い赤い縁の塔が建っています。青岸渡寺 は見逃せない絶景です。

古代水の神、那智の滝

滝の頂上をのぞき込むと、小滝の数メートル上にロープにつながれたジグザグの紙が吊り下げられています。これらは紙垂として知られており、神の住居を意味します。

日本の初期の記録によると、滝は古くから神道の住居として崇拝されてきました。これが、後の時代にここ那智大社 青岸渡寺 に建てられた理由です。 そんな自然の力の前に立つと、印象に残ります。

火祭りによる浄化、扇祭

毎年7月中旬には、このエリアが炎で照らされる那智の扇祭りの開催が見られます。熊野那智大社 を皮切りに、白い服に身を包んだ人達が巨大な炎の松明を揺らし、滝へと続く古代の小道を浄化します。このイベントのクライマックスは、12基の神輿に火を付け、人々が声を掛ける中で煙と炎が燃え上がります。



* このコンテンツの情報はCOVID-19の影響により、実際の状態と異なる場合がありますのでご注意ください。

那智山の周辺情報

Nachisan 歴史
和歌山 那智山
Seiganto-ji Temple 歴史
和歌山 青岸渡寺 Wakayama-ken
Kumano Nachi Taisha Shrine 歴史
和歌山 熊野那智大社 Wakayama-ken
nachi waterfall 自然
和歌山 那智の瀧 Wakayama-ken
Katsuura Area 自然
和歌山 那智勝浦 Wakayama-ken
Bodai
Wakayama Bodai Japanese Fusion
ISANANOYADOHAKUGEI
Wakayama Isananoyadohakugei Sashimi (Raw Sliced Fish)

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages