oze area oze area

群馬 尾瀬国立公園(群馬県) トレッキングやハイキングのために作られた高原の安息地

トレッキングやハイキングのために作られた高原の安息地

日本最大の高原の湿地である尾瀬は、氷河期に進化した植物など、豊かで独特な植生が有名な国立公園です。群馬 の最北端に位置し、隣接する新潟、福島、栃木にまたがる尾瀬は、壮大なトレッキング、ハイキング、自然を楽しめるエリアです。

おすすめ

  • 尾瀬ケ原の湿原にある何百もの水たまり
  • 日本のナイアガラの滝と呼ばれる吹割の滝
  • 尾瀬沼周辺の6キロの道

アクセス方法

新幹線、普通列車、またピークシーズンには直行バスを利用して、群馬県の尾瀬地域にアクセスできます。

東京からは、上越新幹線に乗り上毛高原駅(約75分)で下車、戸倉行き(110分)または大清水行き(120分)のバスに乗ります。東京から普通列車で行く場合は、高崎駅で下車し、JR上越線に乗り換え、沼田駅(約2時間半)で下車、戸倉行き(80分)または大清水行き(95分)のバスに乗ります。

尾瀬エクスプレスは横浜駅、新宿駅、池袋駅から夜に出発し、戸倉、押水、鳩待峠に停車する直行バスです。このバスは5月から10月まで運行しています。

概説

尾瀬を観光するのに最適な時期は5月から10月です。

9月下旬から10月上旬に、湿原の草が明るい黄色と赤色に変わります。

2007年まで、尾瀬国立公園のほとんどは近くの日光国立公園でした。

氷河期の植物の中を歩く

1万年以上前に燧ケ岳から流れでた溶岩からできた湿地では、氷河期からそのままの景色が見られます。春になって雪が解けると、植物愛好家に人気のザゼンソウの美しい淡い黄白色の花が現れます。夏の緑の植物の中で、黄色い甘草が咲きます。

湿地の生態は非常に良く保存されており、ハイカーは木の板の道を歩きます。ほとんどのハイキングは簡単で、大きな傾斜や障害物はありません。ただし、美しい尾瀬沼への道は、健康で歩くのが速いハイカー用です。

ミニチュアのナイアガラの滝

日本語で吹割の滝 と言う滝は、日本のナイアガラの滝とも呼ばれています。規模は大きく異なりますが、轟音たてて谷に水が流れ落ちています。岩は浸食され、様々な形に変化しており、般若(女性の悪魔のお面)岩と呼ばれる奇妙なものもあります。

吹割の滝 は、沼田市の渓谷にあります。滝を囲む緑豊かな植物は、秋になると紅葉し、象徴的な写真を撮れます。滝は12月中旬から4月中旬まで閉鎖されます。

日帰りまたは一泊

尾瀬エリアは、特に夜行バスに乗って早朝に到着する場合は、丸一日観光するのに最適です。早朝に到着できない場合は、宿泊できる山小屋があります。南の登山口に向かうバスが発着する、公園から直ぐの戸倉エリアにも宿泊施設があります。

尾瀬国立公園(群馬県)の周辺情報

oze area 自然
群馬 尾瀬国立公園(群馬県)
oze area アクションとアドベンチャー
群馬 尾瀬ケ原 Gunma-ken
oze area 自然
群馬 尾瀬国立公園(群馬) Gunma-ken
Fukiware no taki Falls 自然
群馬 吹割の滝 Gunma-ken

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages