Kawachi Fujien-SPR Kawachi Fujien-SPR

九州 福岡 九州のアジアへの歴史的な玄関口

魅力的な歴史、美しいビーチ、有名な屋台の食べ物を楽しめる、さまざまな魅力を持つ福岡を探索してください

福岡はアジアへの歴史的な玄関口であり、地理的に韓国と中国に近い地域です。福岡市には、美しいビーチと 天神や大名といったおしゃれなショッピング街があり、九州を探索するのに便利なハブ都市でもあります。夜が訪れると、屋台 が街中にオープンし、焼き鳥、明太子、博多ラーメン(とんこつラーメン)などの人気のある地元料理が提供されます。福岡市からほど近い太宰府天満宮は、伝説の学者で政治家の菅原道真を祭神として祀っており、6,000本以上の梅の木を堪能できる神社です。美しい糸島半島では、夏に水泳やサーフィン、冬に美味しい牡蠣料理を楽しめます。魅力的な水郷柳川は、柳の木陰での穏やかな川下りを楽しめる人気の日帰り旅行スポットです。

アクセス方法

福岡へは鉄道と飛行機でアクセスできます。県内には、広島、大阪、京都、東京からのJR九州新幹線とJR山陽新幹線の複数の停車地があります。福岡空港は市内中心部から電車で10分以内です。福岡市の博多港からは、韓国や九州の小さな島々行きのフェリーが出航しています。

福岡市は福岡の主要交通の中心地であり、ここから電車、バス、フェリーに乗って県内や九州各地へ行くことができます。博多駅は、山陽新幹線と九州新幹線の終着駅である福岡の鉄道ハブです。西日本グループが、福岡の公共交通機関のほとんどを運行しており、福岡市と県内を移動するための季節限定パスを提供しています。広島と長崎から福岡市までは、電車でそれぞれ1時間強かかり、東京からは飛行機で2時間、新幹線で6時間でアクセスできます。福岡はアジアからも飛行機でアクセスしやすい県です。

詳細を表示

見逃せない

  • たくさんの屋台の中から屋台の食文化を探索する
  • 北九州の河内藤園に毎年春に咲く藤のトンネル
  • 二見ヶ浦の沖合にある白い鳥居前の夫婦岩に沈む夕日
  • 博多祇園山笠の精巧な山車が夏に街を駆け抜ける様子を見る

特産物

  • あまおう

    あまおうは、その豊かで甘い味わいが有名な日本のいちごの品種です。その名前は、「あかい、まるい、おおきい、うまい」の日本語の単語の頭文字を組み合わせたものです。あまおうはオレンジよりもビタミンCが多く、リキュールやジャム、スイーツの材料としても使われています。

    food-craft
  • 八女茶

    福岡の八女地域は、緑茶の栽培に適した条件を備えています。ここのお茶農家は、600年もの間受け継がれてきた技術を使って素晴らしい緑茶を生産しています。抹茶に蜂蜜を加えた健康志向の商品もあります。

    food-craft
  • 焼きカレー

    キャセロールやグラタンに似た、福岡で人気の料理です。耐熱皿にご飯、カレー、チーズ、卵を層状にのせて焼き上げます。これは確実に満足でき、からだが温まる食べものです。

    food-craft
  • 博多一口餃子

    一口餃子は小さいだけで、普通の餃子と違いはありません。豚ひき肉とにんにくが入っており、外側はパリパリに焼かれ、中はやわらかく焼かれています。小さい餃子なので、ついついたくさん食べてしまうでしょう。

    food-craft
  • 福岡もつ鍋

    福岡の料理人たちは、牛や豚のもつを使った料理を得意としています。もつ鍋は、それらすべてのホルモンを組み合わせた鍋料理で、醤油とにんにくを使った美味しいスープに入れて食べる料理です。

    food-craft
  • 水炊き

    水炊きとは、鶏団子と季節の野菜を鶏ガラスープで煮込み、柑橘系のソースであるポン酢をつけて食べる鍋料理です。19世紀中ごろに福岡で誕生しました。

    food-craft
  • 焼き鳥

    焼き鳥は、ジューシーな鶏肉の串焼きで、野菜が肉と交互に串刺しになっていることも多く、直火で焼くのが特徴的な福岡で大人気の料理です。久留米では毎年10月に焼き鳥をテーマにしたお祭りも開かれています。ビールとの相性も抜群です。

    food-craft
  • とんこつラーメン

    世界で最も有名なラーメンの1つであるとんこつラーメンは、白濁した豚骨スープ、厚いチャーシュー肉、細い麺、最小限のトッピングが特徴です。とんこつ発祥の地である福岡では、専門店、深夜営業店、屋台、駅など、いたるところでとんこつラーメンを目にすることができます。

    food-craft
  • 久留米絣

    夏は涼しく、冬は暖かい久留米絣は、着込むほどに風合いが増す綿織物です。織る前に染め分けをした藍色糸で作られており、手織りで仕上げられた見事な模様と絵柄により、芸術性が高いものになっています。

    food-craft
  • 小石原焼

    上品でシンプルな小石原焼は、職人がろくろを回転させながら、粘土を巧みに成形し、鉋(かんな)をかけ、絵付けをすることで、職人の目を引く文様が魅力です。カジュアルでありながら上品な陶器は、普段使いの食器や家のインテリアとしても最適です。陶器が作られている東峰村で、購入するのがおすすめです。

    food-craft
  • 博多織

    福岡の博多地区で生まれた博多織は、13世紀初頭に中国の織り技術が輸入されたものです。この染めた錦織は、結びやすく、締めやすく、帯揚げに最適です。また、武士たちは着物に帯を締め鞘を固定していました。現在では、カードケースや財布などのお土産にも使われるようになりました。

    food-craft
  • 博多人形

    博多人形の歴史には、民話や考古資料、1900年のパリ万国博覧会をはじめとする博覧会での発表の記録などがあります。現在、これらの手描きの粘土人形は、着物を着た美しい女性のような伝統的なキャラクターから、大きな相撲取り人形など様々なものがあります。

    food-craft

季節別の見所

  • 太宰府天満宮は、6,000本の梅の木が咲く、日本一の梅の名所です。その後、桜やチューリップが咲き、県全体が活気づきます。

    kita-kyushu & around
  • 地元の人々はバーベキューや海水浴を楽しみに糸島半島に出かけたり、標高の高い山に涼みに出かけたりします。屋台や露店の食べ物を楽しみましょう。

    Momochihama Beach
  • 福岡は秋の色合い、特に英彦山の紅葉がとても楽しめる気候です。能古島の小さな島では、美しいコスモスの花を楽しめます。

    Dazaifu Area
  • 心温まる福岡名物のもつ鍋を堪能しましょう。炬燵にはいりながら柳川の川下りを楽しんだり、糸島に冬の牡蠣を食べに行ってみましょう。

    Tenjin Underground Mall

参照リンク

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages