shimanami-kaido shimanami-kaido

四国 愛媛 作家や創作家に愛される場所

愛媛の趣のある町や国際都市は、切り立った山々、のどかな自然、そして小島が点在する鮮やかな青い海に囲まれています。

四国の北西にある愛媛は、探索に適した驚くほど美しい地域です。しまなみ海道 は、その壮大な橋をわたりながら絶景を堪能できる、サイクリングルートでもあります。日本最古の温泉である道後温泉は、3000年もの間、多くの住人や観光客を魅了している温泉です。愛媛の県庁所在地である松山は、正岡子規、夏目漱石や司馬遼太郎らの日本で最も有名な文学作品の舞台になっています。愛媛には、完全なままの天守が残っている2つの城があり、また、四国八十八箇所霊場めぐりの1つの県でもあります。

アクセス方法

松山空港は日本のすべての主要空港からの国内線を就航しており、また、岡山からの急行列車を利用して、本州から愛媛にわたることもできます。広島からは瀬戸内海をわたるジェットフェリーが運行されている。

東京、大阪、京都、名古屋などの主要都市から岡山まで向かい、そこから鉄道で松山に行くのが一般的です。 他には、岡山から特急「しおかぜ」を利用する(所要時間3時間)、大阪や東京から夜行バスを利用する、広島から高速ジェットフェリーを利用する手段もあります。サイクリング好きなら、広島県尾道市から今治市まで、しまなみ海道をサイクリングするのもいいでしょう。 松山空港は日本の主要都市との国内線を就航しており、韓国、台湾、中国との国際線もあります。飛行機での東京からの所要時間は1時間20分です。

詳細を表示

見逃せない

  • しまなみ海道をサイクリングして、瀬戸内海の絶景を堪能
  • 日本最古の温泉、道後温泉
  • 石鎚山と四国カルスト県立自然公園の絶景
  • 天守を備えた日本の12の城のうちの2つに驚嘆

愛媛のエリア別の検索

特産物

  • 鯛めし

    鯛は、お祝いの時によく食べられる人気の魚です。瀬戸内海での鯛漁が盛んな愛媛は、鯛めしを郷土料理として提供しています。鯛めしには2種類あり、選択できます。1つは、丸ごと1匹をご飯と一緒に炊き上げ、塩または醤油で味付けしたものです。もう1つは、卵黄と醤油に漬けた生の鯛の刺身が温かいご飯の上にのせられたものです。

    food-craft
  • じゃこ天

    じゃこは英語でwhitebait(シラス)と呼ばれる小さなイワシの稚魚のことです。じゃこ天は、この栄養価の高い小魚をすり身にし、成形して、揚げて作られています。これはフィッシュバーガーのパティのようなもので、1614年から作られています。

    food-craft
  • 今治タオル

    今治タオルには試験があります。水につけて5秒以内に完全に沈まない場合、今治タオルと認められません。これによりタオルに吸収性があることを保証しています。この非常に柔らかく、色あせに強いバスタオルは、バスルームを魅力的にし、自宅が隠れ家スパのように演出してくれます。

    food-craft
  • 砥部焼

    砥部の町は18世紀半ばから陶器作りの中心地として発展してきました。陶芸家たちのトレードマークは「創意工夫」。もともと陶器のみを製造していた職人たちでしたが、印象的な青と白の染付、精巧な多色の上絵付けで、青磁の代名詞となっています。

    food-craft
  • 愛媛みかん

    愛媛の豊かな日差しと海の近さは、柑橘系の果物、特にみかんの栽培に最適な環境です。愛媛みかんは、小ぶりで皮がむきやすく、種がなく、とても甘いのが特徴です。

    food-craft

季節別の見所

  • 愛媛の春は、道後温泉祭り、満開の桜、最高の釣り、四国遍路旅行やサイクリングツアーで盛りだくさんです。

    kawanoe castle
  • 愛媛は、ホタルの鑑賞、花火大会、牛鬼まつり、野球サンバなど、地元の多くの伝統が楽しめます。

    ozu castle
  • 紅葉を見ながら地元のみかんを食べてみましょう。愛媛では、酒を楽しむお祭りや、かがり火が焚かれた能を楽しめます。

    garyu sanso -mountain villa
  • 冬が近づくと、大洲エリアでは珍しい雲海が見られます。凍った滝やスキーシーズンと温かい温泉は最適な組み合わせです。

    ishizuchi shrine

参照リンク

近くの地域の検索

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages