imabari & ozu area imabari & ozu area

愛媛 今治とその周辺 レトロな魅力のあるサイクリングの中心地

レトロな魅力のあるサイクリングの中心地

熱心なライダーである、またはたまに自転車に乗る人かどうかにかかわらず、今治とその周辺の瀬戸内海のきらめく青い海を満喫するべきです。街には様々な工場や史跡があり、この地域の文化を直接探索することができます。

おすすめ

  • 今治のこんがり焼けた焼き鳥をかじって食べる
  • しまなみ海道をサイクリングして、瀬戸内海の暖かい太陽と素晴らしい景色を満喫する
  • 今治タオル美術館の風変りなタオル細工アートを観る

アクセス方法

今治は愛媛 各地から簡単にアクセスできます。もっと体験観光したい場合は、広島県 から一日かけて自転車で行くこともできます。

東京から四国へは、羽田から飛行機で約1時間です。松山 からは予讃線特急「いしづち」で今治にアクセスできます。所要時間は40分です。

本土から電車で行く場合は、山陽新幹線で岡山まで行き、特急「しおかぜ」に乗り換えます。今治までは約2時間半です。しまなみ海道 をサイクリングしたい場合は、広島県尾道市から一日かけて今治に行くことができます。

サイクリストの楽園

今治には、瀬戸内海の島々と広島県をつなぐ9つの橋があるしまなみ海道 があります。60キロのサイクリングルートは、松やみかんの木々が並ぶ山々や、来島海峡の渦潮が幻想的に渦を巻く牧歌的な風景の中を走ります。全ルートをサイクリングすることも、島周辺にたくさんある内の1つのルートをサイクリングすることもできます。

島巡り

大島、伯方、大三島は、しまなみ海道 で愛媛県に属する最初の3つの島です。各島にはバスまたは船でアクセスすることもできます。全ての島にハイキングスポットを始め、独自の特製アイスクリームや訪れるべきユニークな観光地がたくさんあります。

バラと海賊

大島では、よしうみバラ公園を訪れ、次に村上水軍博物館に行ってみましょう。博物館ではこの海域の海賊の歴史を知ることができます。博物館の隣から、船にのって日本で最も速く流れるうずしおを体験することもできます。

たくさんの美術館

大三島には、西日本で最も古い神社の1つ大山祇神社があります。日本最大の侍の甲冑と刀剣のコレクションを収蔵する国宝館を始め、大三島の3つの博物館/美術館を訪れてみましょう。

大三島美術館は日本画を数多く収蔵しています。現代美術が好きなら、印象的な、ところミュージアム大三島や伊藤豊雄建築ミュージアムに行ってみましょう。

サメのいる城

今治城は堀に海水を引き入れた日本三大水城の1つで、堀にサメがいます。心配しないでください。とても小さいサメです。城内はよりモダンな雰囲気ですが、惹きつけられる展示品がたくさんあります。城は、夜になるとライトアップされ、城の外観がより立体的に浮かび上がるため、夜見るのが最高です。

タオルアートに魅了される

今治では、タオルがアートに使用されています。今治タオル美術館では、タオルの製織工程を見ることができます。数十年前の機械のリズミカルな音は、地元産業が長い間、愛され続けている証です。自分で作ってみることもできますが、簡単なものではありません。美術館にはタオルで作られたアートギャラリーもあり、定期的に展示が変わります。

知っているものとは違うファストフード

今治の食べ物は、スピーディーで美味しいです。焼豚玉子飯は、ジューシーな味の付いた豚肉にご飯と半熟の玉子が添えられた料理です。今治の焼き鳥は日本で有名です。

更に探索する

もっと観光したい場合は、自転車に乗って、しまなみ海道 をさらに進んでみましょう。長さ約60キロメートルの道沿いで見られるもの、やれること、体験できることは、ペダルを漕ぐ距離によって制限されます。

今治とその周辺の周辺情報

imabari & ozu area アクションとアドベンチャー
愛媛 今治とその周辺
Keyaki
Ehime Keyaki Steak
Muku
Ehime Muku Local / Regional Cuisine
Ishizuchi Shrine 歴史
愛媛 石鎚神社 Ehime-ken
アトラクション
愛媛 アサヒビール四国工場 Ehime-ken
Ishizuchi Shrine 自然
愛媛 石鎚山 Ehime-ken
Kawanoe Castle 歴史
愛媛 川之江城 Ehime-ken

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages