The Great Seto Bridge The Great Seto Bridge

四国 香川 現代アート、海の景色、おいしいうどん

日本最小の県には、歴史ある遍路と現代アートが有名な島々があります。

香川は、四国の北部に位置し、日本の中で最も小さい県です。香川には、四国最大の都市高松と瀬戸内海にたくさんの小さな島があります。直島とその周辺の島々には、国際的に有名な現代アートの展示や美術館がたくさんあり、小豆島はオリーブの生産と砂浜が有名です。香川はうどんが有名で、日本一のうどん屋がたくさんあります。

アクセス方法

香川へは、東京、大阪、京都、広島などの日本の主要都市から電車または飛行機で2時間強でアクセスできます。高松空港は、ソウル、上海、台北、香港の国際線と国内線を運航しています。

東京から電車や飛行機を利用して香川に簡単にアクセスできます。大阪‐広島間の新幹線は、ハブとなる岡山駅に停車します。岡山駅でJR瀬戸大橋線の特急列車に乗り換え、香川県高松市へアクセスできます。高松空港への国内線は、東京の成田空港と羽田空港、沖縄の那覇空港から利用できます。 直島と小豆島へは高松または岡山からフェリーで行くことができます。

詳細を表示

見逃せない

  • 直島の現代美術
  • 県内のうどん店で地元のうどんを堪能
  • 高松にある日本で最も有名な庭園の1つ、栗林公園
  • 有名な四国八十八箇所のうち23箇所の寺院を巡る

特産物

  • オリーブ

    香川の小豆島は100年以上前からオリーブを栽培しており、その生産量は日本一です。島では様々なオリーブのお菓子やオイルが販売されています。このオリーブオイルは国際的なコンクールでも受賞しています。

    food-craft
  • 小豆島素麺

    小麦粉、塩水、地元産のごま油を混ぜあわせた生地を、愛情を込めて手で引き延ばし、天日で乾燥させて作る繊細な麺です。小豆島のふるさと村では、スロープ状の竹を流れるそうめんをキャッチして、食べることができます(流しそうめん体験)。これは真のファストフードのような体験です。

    food-craft
  • 讃岐うどん

    讃岐うどんは数あるうどんの中でも、讃岐うどんは香川県が発祥の地で、今では日本全国に広まっています。麺は太くて四角く端が平らなのが特徴です。トッピングも豊富ですが、ねぎや天ぷらと一緒にだしをかけて食べることが多いです。

    food-craft
  • 丸亀うちわ

    もともと宗教的なお土産であった丸亀うちわは、日本で最も人気のある伝統的なうちわであり、丸亀製のうちわはその90%の生産量を占めています。丸亀のうちわは、一本の竹から作られており、持ち手が平らなものや丸いものがあります。

    food-craft

季節別の見所

  • 県内にたくさんの桜が咲き、四国八十八箇所の巡礼が始まります。

    ritsurin koen park
  • 夏の香川は海辺で過ごすのが最適です。瀬戸内海は、人ごみが少なく、湿度が低く、その白い砂浜、澄んだ暖かい海水が大きな魅力です。

    yashima area
  • 高松の栗林公園で鮮やかな紅葉を撮影したり、ケーブルカーに乗って寒霞渓の紅葉を楽しみましょう。

    kankakei gorge
  • 香川の天気は穏やかになり、観光客は冬のイルミネーションを見たり、天然温泉に浸かったり、地元のお祭りを訪れて日本の田舎の生活を味わうことができます。

    kotohira-gu shrine

参照リンク

近くの地域の検索

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages