Aomori Aomori

東北 青森 観光客の少ない青森へ訪れてみてください。

自然の景観、原生林、リンゴ、田んぼアート、お米とお酒、海鮮物と雪を楽しんでください。

比較的観光客の少ない緑豊かな景観、有名なお祭り、世界遺産を楽しめる青森は、今でも「あまり知られていない観光地」と呼ぶことができます。手付かずの自然をハイキングしたり、ストーブ列車に乗ったり、おいしい海鮮物や日本酒を堪能するのは、魅力的な観光のほんの一部にすぎません。

アクセス方法

青森へは、東京からJR東北新幹線、JR普通列車、高速バス、車でアクセスできます。新幹線は、八戸、七戸十和田、新青森の3つの駅に停まります。飛行機の場合は三沢空港と青森空港も利用できます。

飛行機を利用しない場合は、青森への旅行は東京から出発するのが最も一般的です。 JR東北新幹線を利用すれば、青森の主要都市まで3時間ちょっとで行くことができ、ジャパンレールパスが利用できます。飛行機では、羽田空港から青森空港まで1時間ちょっと、大阪から出発する場合は約90分かかります。高速バスは東京‐青森間で定期的に運行されていますが、所要時間は約8~10時間で、通常は夜間です。 青森空港は東アジアの一部の国からの国際線を運航しており、国内線には東京、札幌、大阪、名古屋の路線があります。

詳細を表示

見逃せない

  • 青森のにぎやかなお祭り(青森ねぶた、弘前ねぷた、五所川原立佞武多、弘前城の雪燈籠まつりと桜まつり)
  • 白神山地国立公園と三陸復興国立公園の壮大な自然
  • 古代遺跡や素晴らしい寺院、神社、城、そして市街から遠く離れた山奥にある、ガスランプだけを使用した伝統的な旅館の青荷温泉
  • 日本海と太平洋の両海域から獲れる比類のない海鮮物

特産物

  • 青森黒にんにく

    この青森産のにんにくは海水に漬け込むことで黒色になり、マイルドな味わいになっています。青森黒にんにくは、繊細なにんにくの風味を加えるために、オリーブオイルと組み合わせて、白身魚料理に使われることが多いです。

  • いちご煮

    具材が少ないシンプルな吸物ですが、風味豊かです。最も一般的ないちご煮は、細かく刻んだ紫蘇の葉をアクセントにした熱々の吸物にウニとアワビが入ったものです。

    food-craft
  • りんご

    青森県は、日本のりんごのほとんどを生産しており、そのりんごは、甘さと酸味のバランスがとれた、しっかりとしたジューシーなりんごです。地元の土産物店では、りんごが丸ごと入ったパイなど、りんごを使ったデザートが販売されています。

    food-craft
  • 津軽凧

    この巨大でカラフルな凧は、ヒノキの短冊と手漉きの紙で作られており、風に乗って振動し、凧を揚げている時に楽しげな音が出るように設計されています。浮世絵をイメージした大胆で鮮やかな色彩で描かれた日本の歴史上の人物や風景が描かれています。

    food-craft
  • 津軽塗

    津軽塗は忍耐の美徳を象徴しています。青森ヒバに約40層の漆を塗り、磨き上げて印象的な模様を作ります。その美しさと耐久性が高く評価されており、かつては武士の鞘にも使用されていたこの技術は、現在ではスマートフォンのケースから箸まであらゆるものに使用されています。

    food-craft

季節別の見所

  • 春の青森は、弘前城の桜やリンゴの花、アブラナ、ツツジなど、比類のない規模の美しい花々が楽しめます。リラックスした春のスキーをするのに十分な雪が高地に残っています。

    Hirosaki Park Cherry Blossom-SPR
  • ブナの原生林の深い緑と情熱的な夏祭りは、人間の精神を活性化させる静けさと賑やかな楽しさがあります。夏はトレッキング、サイクリング、ゴルフなどの野外活動も楽しめます。

    tsugaru-hanto area
  • 青森の緑豊かな辺境にある森林は、緑から黄色、オレンジ色、赤色、茶色のカラフルな色に変わります。気温は下がり始め、温泉を楽しめる季節でもあります。

    aomori shirakami area
  • 青森はその豊かな緑の素晴らしさのすべてが、雪の国になります。木々は雪の怪物に変身し、世界レベルのスキーやスノーボードを初め、冬のお祭り、食べ物、珍しい文化活動も楽しめます。

    suiren-numa pond

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages