tokyo sky tree tokyo sky tree

ガイド 日本の4月

春真っ盛り

4月になって短い桜の季節が終わり緑の葉が薫りはじめ、暖かくなると春は一気に本格化します。薄手のジャケットと長袖のシャツを着て、手軽に外出ができる季節です。桜の開花時期は場所や年によって大きく異なるため、お花見旅行を計画する際には調べておく必要があります。

お出かけ前に知っておくべきこと 

  • シートとつまむものがあれば、自分ひとりでも花見ができます-花見とは桜の花の鑑賞を意味する地元の言葉です
  • ある場所の開花ピークを逃しても、電車で行ける範囲にまだ花見を楽しめるところがあります
  • 日本には、聞いたことがないような場所にも花見の名所が存在します

桜の花の下でくつろぐ

日本では3月31日にその年度の活動がすべて終わり、多くの人々が解放感に浸ります。シートの上で体を伸ばし、友人や家族と一緒に時間を楽しむお花見は素敵なレジャーとなります。ほとんどの都市にはお花見スポットがありますが、公園や公共スペースでも桜が咲けば花見を楽しむことができます。

富山の松川のほとり

桜の季節はどこでも短いのですが、日本全体での開花時期はかなり長くなります。旅行を計画する際にはこのことを覚えておいてください。桜の花は1月に 沖縄 で咲き始め、北海道 や山間部での5月の開花まで続きます。桜前線が北に向かって移動するのに合わせて桜の開花 を追うこともできます。

照明の下で

新潟 高田城址公園 青森 弘前公園 は、どちらも日本一の桜の夜景スポットです。ライトアップには様々な工夫がなされ、それにより、数多くの木々は印象的な姿を現します。高田城址公園の広々とした城の敷地と印象的な花の回廊は特に述べるに値します。高田城跡公園に旅行するならば4月中旬、弘前公園ならば4月下旬とするとよいでしょう。

高田城址公園夜のライトアップ

桜と富士山

河口湖 と富士吉田は日本国外ではあまり知られてはいないかもしれませんが、どちらも山の近くのお花見を象徴する場所です。河口湖には魅力的な湖畔の風景があり、富士吉田にはよく被写対象となり宣伝資料にも掲載されている有名な忠霊塔があります。これらの場所では通常、4月上旬から中旬にかけてが桜のピークとなります。

富士吉田の忠霊塔

遅咲きの桜

4月中旬から5月上旬にかけて、北の東北地方と山岳地帯である日本アルプス 、つまり長野 新潟 富山 に行けば、素晴らしい様々な遅咲きの桜を見ることができるでしょう。福島の三春町には日本で最も有名と言われている一本の桜の木があり、4月中旬から下旬にかけて開花します。

樹齢1000年以上とされている三春町の桜

さらに北の弘前では、毎年4月22日から5月7日までお祭りが開催されます。すぐ近くには美しい城の敷地とレンタルボートがあり、弘前さくらまつり は日本でも有数の桜まつりという評判を得ています。

弘前城と夕暮れ時の近くの川のボート

桜の他に

他の花を見たいならば、栃木県 あしかがフラワーパーク を訪れてはいかがでしょうか。4月18日から5月20日まで藤の花観賞イベント が開催されます。他の場所では、富山県 砺波チューリップ公園 が色とりどりの250万本のチューリップを披露します(4月中旬から5月初旬)。思い出に残るイベントとなるでしょう。

栃木の藤と富山のチューリップ

国立公園の春の開園

4月は桜だけの季節ではありません。冬の間は閉鎖される人気の山岳地域もオープンします。

立山黒部アルペンルートの雪壁

立山黒部アルペンルート の全ルートが4月15日にオープンすると、室堂 の有名な雪の回廊へのアクセスが可能になります。北アルプス の南端では、4月27日に上高地の開園式が行われ、17日から公園への移動が可能になります。

上高地へは4月17日からアクセス可能

岐阜で根づいている人気

他の月同様、4月にはいろいろな祭りが開催されますが、時間がなくて一つだけしか見られないならば春の高山祭 をお勧めします。夜には色鮮やかに照らされた昔ながらの屋台がまばゆく並び、主な行列は動く生粋の芸術です。

華やかな祭りの屋台

Did this information help you?

  • ホーム

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages