Meigetsu-in Ajisai Temple Meigetsu-in Ajisai Temple

ガイド 日本の6月

夏のはじまりの雨

古来から水無月と呼ばれ、この水の月である6月は雨の季節が始まり、梅雨は日本を北上して他の月よりも降水量が多くなります。桜前線と同様、梅雨は南で早く始まり早く終わり、北に向かうほど始まりも終わりも遅くなります。北海道 は比較的梅雨の影響を受けないため、雨を避けたい旅行先としては安全な選択でしょう。

出発前の注意点

  • 梅雨の時期は地域によって異なります - 沖縄は5月に始まりますが、東北は通常6月中旬から始まります
  • 毎日雨が降るわけではなく、通常より雨が多くなります
  • 雨の日は歌舞伎、茶屋、グルメなど屋内でのアトラクションを楽しむと良いでしょう
  • 北海道は日本の他のエリアより雨が少ないです

新潟県のあふれる水田 - 6月ではよく見られる光景

あふれる水田と成熟する梅

雨の多い季節を日本語では梅の雨と書いて梅雨(つゆ)と言い、日本の農山村の田園が雨で溢れかえり梅が枝で成熟する時期を指します。米の収穫、これは日本人にとってこれは元気の源です。梅雨時期の他のよいところとして、雨の中で輝く紫陽花を見られるのもこの時期ならではです。

鎌倉の明月院で見られる紫陽花は6月中旬にピークを迎えます

どの地域も同じような梅雨が見られるわけではありません。北海道は年間降水量が少なく、夏の降水量はわずかに増えるだけですが、南の九州 四国 ではかなり雨が降ります。念入りな計画をすれば6月にあまり雨に濡れずに済むかもしれません。

屋内での芸術鑑賞やエンターテインメント

雨の日は博物館、美術館、劇場、デパートなどに訪れるとよいでしょう。

東京 銀座では上記をすべて楽しむことができます。文化的経験として代表的な歌舞伎なら銀座の歌舞伎座 を訪れてみましょう。歌舞伎の熱狂的ファンであれば、複数部で構成される5時間の完全版も良いですが、カジュアルに楽しみたい場合は1部だけ見てみるのもよいかもしれません。その後は傘をさして銀座のショッピング街を散策し、数ある美味しいお店を試してみましょう。

銀座にある歌舞伎座で歌舞伎を楽しむ

銀座のすぐ北に位置する上野 には数多くの博物館があり、世界中からの展覧会が頻繁に催されています。ルーブル美術館からの有名なフランス印象派から古代ギリシャの芸術品まで、上野は一年を通してありとあらゆる催しがあります。

上野の国立博物館や科学博物館は恐竜ファンに人気のスポット

水の世界

国内のいたるところに世界有数の施設がある日本は、世界でももっとも水族館文化の進んだ国と言えるでしょう。沖縄 美ら海水族館 は非常に大きく評価がとても高いです。

日本でもっとも高く評価されている水族館、美ら海水族館

最高級の経験を求めて沖縄までわざわざ行かずとも、東京やその他の主要都市にも様々な水族館があります。東京の池袋 にあるサンシャイン水族館 も高層タワーの10階にあり他とは一味違った水族館です。

サンシャイン水族館 - 空に浮かぶ水中オアシス

いわき市にあるアクアマリンふくしま は、2011年の東日本大震災後すぐにオープンし、日本の大規模でもっとも見応えのある水族館のひとつとして特別に名を挙げる価値があるでしょう。大阪 名古屋 京都 広島 にも訪れるべき水族館があります。

福島が誇るいわき市の最高峰の水族館

北海道、雨を逃れられる日本の北国

北海道は、それ自体訪れるに十分価値のある人気の観光地ですが、6月も雨が比較的少ないことからさらに人気は高まります。札幌 では、2つの主要なお祭りが立て続けに開催され、ひとつはYOSAKOIソーラン祭り で、大通り公園 沿いでカラフルな行列が踊りや舞を繰り広げ(6月7日-11日)また6月14日から3日間続く北海道神宮祭も開催されます。

YOSAKOIソーラン祭り、6月初旬の札幌に彩りを添えます

北海道の数多くの国立公園が6月に最盛期を迎え、ほぼすべての高地のトレイルが登山シーズンに向けオープンします。利尻礼文 島は北海道 のほぼ最北端に位置し、珍しい高山植物が咲き特に美しいです。

のどかな礼文島、利尻礼文サロベツ国立公園

Did this information help you?

  • ホーム

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages