mito area mito area

ガイド 日本の3月

初春の新たな息吹

冬のピークが過ぎ日本が春めいてくると、新たな息吹が動き始めます。中部日本や北日本の一部で梅の花が咲き、3月3日には色鮮やかなひな祭りが日本各地で行われ、東京 やその他の暖かい地域で開き始める桜の花が春の訪れを告げます。

3月の気候は2月に比べるとかなり暖かく春の陽気ですが、気温は急に下がることもあります。スキーやスノーボードもまだ多くのリゾートで楽しめ、ゆったりした温泉旅行は寒い日の過ごし方として引き続き人気です。

出発前の注意点

  • 3月の気温は変動が激しいです
  • ウィンタースポーツはまだ楽しめますが、春のコンディションになるのでご注意を
  • 京都、奈良、広島などの主要観光地はとても混雑します
  • 桜のシーズンは南日本や東京など暖かい地域から始まり寒い地域では5月頃まで続きます

春の雪

ウィンタースポーツは一部のスキーエリアで春も変わらず人気です。ニセコ 志賀高原 などメジャーなリゾートは遅いところで5月の第1週までオープンしていますが、雪質は落ちていきます。

春スキーの良さは、暖かい気温と冬に比べるとゲレンデが混み合わないことなどがあるでしょう。高地になると雪が降ることもありますが、雨が降ることの方が多くなります。行き先の天気予報を確認して、その日にスキー旅行が可能かどうか下調べしておきましょう。

行楽にでかけよう

気温が暖かくなり日が長くなる3月は、日帰り旅行や週末の一泊旅行に出かける人が増えます。京都 奈良 広島 などの地域や郊外の温泉リゾートが目的地として人気です。下呂温泉 名古屋 からアクセスしやすい有名リゾートで、高山 白川郷 と組み合わせた旅程も可能です。

下呂温泉 - 名古屋から足をのばすのも楽しい

ひな祭りの文化色豊かな催し

たくさんある日本の祝日のなかで、ひな祭りは地域に根付いたイベントであることが多く短期旅行者にとっては少し敷居が高い印象があるかもしれません。でも、3月3日当日やその前後に誰でも参加できるひな祭りのイベントを催す神社やお寺も日本各地にあります。

京都 にある下鴨神社 の流し雛イベントでは、わずかな料金を支払って色紙などできたひな人形を川に流すという古代から続く風習に参加することができます。京都では他に、市比賣(いちひめ)神社で平安時代(794-1185)を模したライブパフォーマンスが行われ、平安装束をまとった演者が優雅にひな壇に登壇します。最後に、宝鏡寺では3月頃の特定の日に数多くの由緒あるひな人形が一般公開されます。

流し雛 - 古くから続く風習

炎、光そして生命力

関西地方のお祭りでは夜のイルミネーションがあちこちで見られるようになり、光そして色彩が3月のお祭りで際立った輝きを放ちます。京都東山区では京都・東山花灯路 が開催され、青蓮院から清水寺 へと続く通りを無数の路地行灯が照らします。この時期、この通り沿いのお寺などでは営業時間を延長し優しい光で訪れる人々をもてなします。

花灯路の光景

奈良 東大寺 内の仏堂である二月堂で毎年数か月もかけて準備される修二会(お水取り 、お松明とも)が行われます。3月1日から14日の間、この行を勤める練行衆の道ゆきを童子が照らす大きな松明がお松明として有名ですが、3月12日に僧たちの行列が井戸へ向かいお香水を汲むお水取りの日は、童子が特に巨大な松明を担ぎ、舞台から暗闇に鮮やかな火の粉を振りまくため、一連の儀式の最大の見せ場となっています。

修二会のクライマックス

相撲の春場所

関西地方での滞在なら、大阪 のエディオンアリーナで開催される相撲の三月場所 は2週間も続くのでこの機会に訪れてみるのもよいでしょう。限られた数のチケットしか販売されないため、事前に予約するのがおすすめです。スケジュールと予約に関する情報は次のサイトにアクセスしてください: http://www.sumo.or.jp/EnTicket/

春の足音

桜に比べるとそれほど有名ではなく数も少ないかもしれませんが、梅の花もまた初春のシンボルとして日本で愛でられます。梅のシーズンは2月に始まり3月まで続き、場所によって見頃は異なります。茨城県 の有名な偕楽園 では早咲きと遅咲きの品種も植えられているため、1月中旬から4月上旬まで見頃が続きます。岐阜県 の梅林公園も1月中旬から3月末にかけて梅を楽しめます。

偕楽園で花をつける梅の木

桜のシーズンの終焉

日本の暖かいエリアでは3月下旬に桜の見頃を迎え、東京 では3月下旬頃、桜が咲き始めます。京都 大阪 名古屋 福岡 といった他の大都市も同じ頃に桜が咲きますが、年によって異なります。各地それぞれその場所での桜の見頃期間は短いですが、4月から5月初旬にかけて日本各地で時間差で桜は咲きます。次のリンクは日本の桜前線を知るのに便利です: https://www.jnto.go.jp/sakura/eng/index.php

首都の桜の花



* このコンテンツの情報はCOVID-19の影響により、実際の状態と異なる場合がありますのでご注意ください。

Did this information help you?

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages