この神々しい寺で、幸運を求めて仏陀に水をかける

道頓堀 から難波駅までアーケード商店街を通り抜けると、何世紀も前のその街の様子を想像することは難しいかもしれません。控えめに隠れるようにしてそこにある法善寺は、周辺の混沌としたショッピングエリアとは違って、街の真ん中で古き日本の片鱗を辛うじて保持しています。

おすすめ

  • 寺の横にある水かけ不動像に願掛けをする
  • 法善寺横丁(寺を取り巻く路地)を散策
  • 鉄板焼き、お好み焼き、その他の料理を味わう

アクセス方法

法善寺は道頓堀橋から徒歩ですぐのところにあります。橋からは難波方向に向かってアーケード商店街の中を進み、ブックオフと靴店ABCマートが接する交差点を左に曲がります。一区画歩くとそこが法善寺です。

 

 

1600年代のドラマと娯楽を求める繁華街

1637年建立の法善寺は、仏教の保護神の一人不動明王を祀っています。1600年頃は、難波 道頓堀 の周辺エリアは、娯楽で賑わっており、歌舞伎や文楽の素晴らしい公演が地区全体で行われていました。 寺で上演する事が出来るので、その敷地内で伝統的な落語や舞台演劇が行われます。

今日では、法善寺に詣り、法善寺横丁でかつての大阪を垣間見て、伝統文化を楽しむことができます。

幸運を願って

法善寺は不動明王像で最もよく知られ、地元の人々からは水かけ不動として愛され、親しまれています。伝統に従い、不動明王像に水をかけてください。こうすることにより幸運がもたらされると言われています。像が全身苔で覆われていることに気づくと思いますが、それは何千人もの来訪者が水をかけ続けた結果そうなりました。

法善寺横丁で軽く何か食べる

寺へ行ってきた後は、法善寺横丁の狭い路地の散策がおすすめです。ここでは何世紀も前の大阪を彷彿とさせる、古めかしいお店やレストランに出会えます。鉄板焼きや他の地元の名物料理を味わってみましょう。お好み焼きとして知られる、「やき然」で、大阪の有名なお好み焼きの1種類として知られるモダン焼きを試すのもいいでしょう。

 

 

道頓堀橋辺りの夜

法善寺は中心に位置し、大阪巡りの旅のスタート地点の役割を果たします。近くの店でのショッピングに一日費やしたり、又は道頓堀橋や裏難波 等周辺の歓楽街を訪れて一泊する計画を立てるのもおすすめです。

 

 

訪れるとよい時間は

法善寺には早朝または夜訪れるのが一番よいでしょう。特に、提灯の静かな灯りが、狭い路地や寺の敷地に温かなオレンジ色の影を落とす夕方の時間に、寺は活気づいてきます。法善寺は、街の騒がしい生活から暫し抜け出すには最適です。

 

 

キーワード

法善寺の周辺情報

Hozen-ji Temple 歴史
法善寺 Osaka-shi, Osaka-fu
Hozenji Yokocho 食べ物と飲み物
法善寺横丁 Osaka-shi, Osaka-fu
Shinsaibashi Area 食べ物と飲み物
道頓堀 Osaka-shi, Osaka-fu
Ura Namba 食べ物と飲み物
裏なんば Osaka-shi, Osaka-fu
Shinsaibashi-suji Shopping Center ショッピング
心斎橋筋商店街 Osaka-shi, Osaka-fu
Namba City ショッピング
なんばCity Osaka-shi, Osaka-fu

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages