熱田まつり(尚武祭)

Atsuta Festival Atsuta Festival
Atsuta Festival Atsuta Festival

日本で最も神聖な場所の一つである熱田神宮での祭典 、芸術、踊り、食事や花火

熱田まつりは毎年6月5日に、1,900年の歴史を持つ熱田神宮 で執り行われる、この地に夏の訪れを告げる例祭です。このお祭りは、踊りや太鼓の演奏が行われ、「献灯まきわら」の提灯が飾られ、そして浴衣に身を包んだ人々が参加し、非常に活気付きます。

おすすめ

  • 演奏や弓道等の奉納
  • 森の中を担がれていく、飾り彫りが施された神輿の後を追う
  • 「献灯まきわら」に組まれた365個の提灯

アクセス方法

熱田まつりは、名鉄神宮前駅から徒歩3分、もしくはJR東海道本線の熱田駅から徒歩8分の、 熱田神宮 で執り行われます。

伝統を探索

熱田神宮 は中部地方を代表する神道の神社です。毎年6月5日に、ここで熱田まつりが行われます。飾り彫りが施された神輿が森の中を担がれていき、子供たちも含めた、鉢巻きを締め伝統的なはっぴを着たお祭りの参加者がその後を追います。

熱田まつりでは、一日中様々な伝統的な日本の芸術を楽しむことができます。太鼓の演奏、弓道など、日本の伝統文化を直に体験することのできる、素晴らしい機会です。

踊り、太鼓、そしておいしい食事

必見の行事は、笛や太鼓による伝統的な舞「熱田神楽」で、およそ1,800年もの間踊り受け継がれてきました。この地方に特有の舞です。

夜になると、熱田神宮は上品な浴衣に身を包んだ地元の人々で溢れます。お祭りのおいしい食べ物をつまみながら参道をそぞろ歩きましょう。

夜を照らす

日が暮れると、樹齢1,000年の楠の森が「献灯まきわら」の365個の提灯の明かりで輝きます。お祭りが終わりに近づく頃、神宮公園から花火が打ち上げられ、初夏の空を照らします。

最新の情報は変更がありえますので、公式HPなどをご確認下さい



* このコンテンツの情報はCOVID-19の影響により、実際の状態と異なる場合がありますのでご注意ください。

熱田まつり(尚武祭)の周辺情報

Atsuta Festival 祭り・イベント
1. 熱田まつり(尚武祭)
Atsuta-jingu Shrine 歴史
2. 熱田神宮
Tsuruma Park 自然
3. 鶴舞公園
yamazakigawa riverside アトラクション
4. 山崎川
Osu Kannon Temple 歴史
5. 大須観音
Nagoya-shi Bijutsukan アート・デザイン
6. 名古屋市美術館

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages