15世紀の有名な画家である雪舟の最高の庭園

この庭園は、日本史上最高の芸術家の一人である雪舟等楊(1420-1506)の傑作であり、医光寺の住職であった1478年頃に造られたと考えられています。

おすすめ

  • それぞれ独特の表情をした羅漢像
  • 近くの雪舟の郷記念館
  • 近くの萬福寺にある別の雪舟庭園

アクセス方法

益田駅からバスで10分。

益田は、鳥取から走る山陰本線の最後の駅です。

巻物のように広がる

日本の庭園は通常、2つのカテゴリに分類されます。1つの視点から見られる庭園(通常は寺院の境内や武士の家)と、公園のように歩き回ることを目的とした散策庭園です。この庭園は、半散策庭園と見なすことができます。

巻物のように広がります。池は西に飛ぶ鶴の形をしていて、島は亀の形をしています。亀も鶴も長寿の象徴です。

庭には季節の移り変わりとともに変化する要素が溢れています。春にはしだれ桜、5月にはツツジの花、夏にはすべて青々とした緑になります。秋はカエデを赤くしますが、雪舟の絵の中で最も刺激的であると多くの人が考えるのは、降雪後の冬です。

雪舟の物語

1420年に岡山 の田舎に生まれ、少年の雪舟は禅僧として修行するために派遣され、すぐに芸術への適性を示しました。この時、彼は等楊という名前を受け取りました。その後、京都 の昌福寺に移り、当時最高の画家である周文に師事しました。かつて画家としての地位を確立した彼は、雪舟と名付けました。

雪舟は西日本に移り、彼の傑作のほとんどをそこで描いた。当時の芸術は益田の宋王朝の水墨画技法に基づいていましたが、雪舟はスタイルを変更し、今日まで影響力を維持している独特の日本語版を作成したことで有名です。

彼は人生の終わりに益田に戻り、雪舟記念博物館からそう遠くないところに埋葬されました。

寺院の中を探索する

寺院の部屋をさまようと、いくつかの素敵な屏風(雪舟によって作られたものはありませんが)や、涅槃に入る仏の楽しい18世紀の絵画など、豊富な芸術が明らかになります。注目に値するのは、羅漢像のコレクションがある本館の小さなホールである開山堂です。

羅漢は仏の弟子であり、彼らの彫像の特徴は、それぞれが独特の表現で刻まれていることです。ここには500個ではなく16個しかありませんが、細部や表情がとても美しく刻まれています。赤松の単一のブロックから彫られました。

その後、わずか500メートル離れた近くの萬福寺 に向かいます。そこには別の雪舟庭園があります。

萬福寺—もう一つの庭

この地域で最も古い寺院の1つである萬福寺は、1374年に石見の11代藩主である増田兼美によってこの場所に移されました。医光寺とは見た目がかなり異なり、デザインもミニマルで装飾も少なく、庭園の見た目も同じです。境内から楽しむことを目的としたビューガーデンです。事前の通知により、抹茶とケーキを予約できます。お茶を飲みながら庭をじっくり考えてください。

池の向こうの「山」から突き出た大きな岩は、宇宙の軸であるメルー山を表しており、日本語で「須弥山」と呼ばれています。池は「心」漢字の形をしています。



* このコンテンツの情報はCOVID-19の影響により、実際の状態と異なる場合がありますのでご注意ください。

医光寺雪舟庭園の周辺情報

Iko-ji Teien Garden 歴史
1. 医光寺雪舟庭園
Sesshu Memorial Museum アート・デザイン
2. 雪舟の郷記念館
Hitomaro Shrine 歴史
3. 高津柿本神社
Maria Chapel 歴史
4. 乙女峠マリア聖堂
祭り・イベント
5. 流鏑馬神事
Tonomachi Street アトラクション
6. 殿町通り

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages