アトラクション

偕楽園

mito area mito area
mito area mito area

ストレスを和らげる大名が設計した風景式庭園

偕楽園は茨城 県最大の観光地の一つです。 約170年前に大名徳川斉昭により建築され、大名と一般大衆両方に公開されていましたが、当時では後者への公開は珍しいことでした。その名は「誰もがくつろげる場所」という意味ですが、竹藪や杉の木等、13ヘクタールの緑豊かな公園は、現実を離れた、静かな避難場所として人生の楽しむのに最適です。

金沢の兼六園、岡山の後楽園と並んで、日本三大庭園の一つで、偕楽園 はまた森を囲む湖の、息を呑むような景色を見晴らす事が出来ます。

おすすめ

  • 一年中咲く花とその素晴らしい色彩
  • 3000本の木々の梅の花咲く水戸梅まつり
  • 常盤神社と好文亭等の史跡

アクセス方法

偕楽園 は茨城県水戸市にあり、東京からは約1時間20分の距離にあります。

東京の上野から出発する常磐線を使って、水戸駅にアクセス可能です。 スーパーひたちでは約70分かかりますが、在来線を使うと2時間ほどです。偕楽園は水戸駅から徒歩10分の距離です。

穏やかな気持ちにさせてくれる

偕楽園は穏やかに瞑想する事が出来るように設計されました。それは元々は水戸弘道館軍事訓練所で、熱心な訓練に勤しみ、その後に寛いで再充電する生徒達のための場所でした。遊歩道が網目の様に公園全体に広がり、座って自然とともに凄し、その中に溶け込む場所を提供しています。

数千本もの梅の木が世界を色付かせる

日本の数えきれないほどの公園と庭園は、桜の木で知られていますが、偕楽園は梅の花で有名です。毎年冬の終わりにここで咲く3000本を超える梅の木が、庭園を赤、ピンク、白のワンダーランドに変えてしまいます。偕楽園の水戸梅まつり は日本中から水戸を訪れる人々を惹きつける、巨大な祝典です。

春に偕楽園は、藤の花、ツツジ、ハギの花で溢れ、秋にはオレンジと金色などの秋色で溢れます。

白鳥の湖

偕楽園 には千波湖があり、「水戸のオアシス」として知られています。その湖はその美しい白鳥で有名で、白鳥たちを間近で見るためにスワンボートで湖のツアーに参加することができます。夜間千波湖周辺は、素晴らしいイルミネーションでライトアップされます。

偕楽園周辺の見所

偕楽園 からほんの数分のところに、常盤神社があります。この19世紀の神社には、徳川時代の2人の大名の遺品などの物が所蔵されています。大名屋敷の再現である3階建ての展示館のある華やかな別邸・好文亭では、万が一の攻撃に備えて設置された独自のセキュリティ機能等様々な種類の部屋を見学することができます。

花、花火、歴史の栄華

偕楽園 は人気の高い地元のお祭りの舞台となります。水戸梅まつりは、断然最大のものですが、夏には水戸黄門祭りがあり、千波湖に花火が上がります。秋には水戸藩時代まつりが催され、大名行列もあります。またサクラ、ツツジ、アジサイ、キク、ハギ等の開花を祝う祭りもあります。

偕楽園の周辺情報

mito area アトラクション
偕楽園 Mito-shi, Ibaraki-ken
Mito Plum Festival 祭り・イベント
水戸の梅まつり Mito-shi, Ibaraki-ken
Art Tower Mito アート・デザイン
水戸芸術館 Mito-shi, Ibaraki-ken
oarai & hitachinaka 自然
静峰ふるさと公園 Naka-shi, Ibaraki-ken
アトラクション
めんたいパーク大洗 Higashiibaraki-gun, Ibaraki-ken
Nemophila & Kochia at Hitachi Seaside Park 自然
国営ひたち海浜公園 Hitachinaka-shi, Ibaraki-ken

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages