首都圏外郭放水路

Metropolitan Outer Area Underground Discharge Channel Metropolitan Outer Area Underground Discharge Channel
Metropolitan Outer Area Underground Discharge Channel Metropolitan Outer Area Underground Discharge Channel

現代工学による地下の異世界で東京の深みを探検

低地の東京は雨季や台風の季節に洪水に弱いため、潜在的な災害を軽減する目的で世界最大の地下洪水迂回施設が建設されました。現在一般公開されており、見学会のツアーは有料です。

おすすめ

  • 春日部の首都圏外郭放水路で巨大な地下建造物をさまよう
  • 龍Q館の地底探検ミュージアムで調圧水槽の建造と役割について学ぶ
  • 地下構造物の異世界的な雰囲気を満喫する

アクセス方法

この調圧水槽は東京都心から約32kmの埼玉県 春日部市の地下にあり、電車で行くことができます。

最寄り駅は東武野田線南桜井駅です。上野駅から宇都宮線か高崎線、東京駅から新幹線あるいは在来線に乗り、大宮駅まで行きます。そこから東武野田線に乗り換えます。南桜井駅からタクシーで7分です。

現代工学の偉業

この調圧水槽やトンネルシステムの正式名称は、首都圏外郭放水路です。このコンクリートトンネルは深さ50メートル、長さ6.3キロメートルにあり、のこのコンクリートトンネルシステムは、「地下トンネルの川」としても知られています。この近代工学の偉業は、1993年から2006年にかけて建設されました。年に約7回、激しい降雨の水を迂回させ、流域・市街地(東京より北のエリア)の街路が排水できない川のようにならないよう防ぎます。

自由の女神を収容できるほど十分な大きさの立坑

この複雑なシステムは、4マイルのトンネルで接続された5つの大規模な立坑で構成されています。各立坑は自由の女神全体を収容するのに十分な大きさです。大雨の際、雨水は立坑から入り、地下トンネルに沿って流れ、調圧水槽を通り抜けて江戸川に排水されます。

底知れぬ深い穴の中へ

江戸川に水を流さないときは、首都圏外郭放水路を見学できます。この地下施設を見学する有料ツアーがありますが、約4週間前に予約する必要があります。地下施設への訪問は人気があり、訪問時間は制限されています(ツアーで入れるのは調圧水槽と立坑までで、トンネルは入れません)。

準備をしっかり

この複合施設では安全性が最も重要です。訪問者は日本語を話す人の同伴が必要であり、立坑ではヘルメットと安全帯が必要です。天候が悪化した場合、見学コースが変更されることもありえます。

体験前に学ぶ

地下施設を見学する前に、首都圏外郭放水路地底探検ミュージアム「龍Q館(無料)」を通過します。ここではシステムがどのように構築され、どのように機能するかについて学びます。その後、巨大な柱や神殿のような巨大な地下空間の間を歩き回ることができるエリアに向かいます。

この地球のものとは思えない

日本の映画、テレビドラマ、ゲームに興味があるなら、周囲の光景に何か気づくかもしれません。この場所は、映画やコマーシャルの別世界の背景として、またビデオゲームのデザインベースとして使用されてきました。



* このコンテンツの情報はCOVID-19の影響により、実際の状態と異なる場合がありますのでご注意ください。

キーワード

首都圏外郭放水路の周辺情報

Metropolitan Outer Area Underground Discharge Channel アトラクション
1. 首都圏外郭放水路
Shimizu Park 自然
2. 清水公園
Iwatsuki Jyoshi Park 歴史
3. 岩槻城址公園
Omiya Bonsai Art Museum アート・デザイン
4. さいたま市大宮盆栽美術館
Omiya Park 自然
5. 大宮公園
Hikawa Shrine 歴史
6. 大宮氷川神社

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages