日本で最も重要な禅寺の一つ

円覚寺は、1274年と1281年の元寇で亡くなった兵士の菩提を弔うため、1282年に建立されました。創建から現在に至るまで、日本の臨済宗の主要な寺として位置づけられています。

地元の人々や観光客には、秋に真っ赤に染まるモミジの紅葉を楽しむ場所としても愛され、特に12月初旬、木々が最も美しく紅葉する時季には多くの人々で賑わいます。

アクセス方法

円覚寺はJR北鎌倉駅から徒歩1分です。北鎌倉駅は、JR横須賀線でJR鎌倉駅から北に1駅です。

概要

円覚寺は執権北条時宗により、1282年に建立されました

毎週日曜の朝、坐禅会が開かれています

秋には、境内のモミジの葉が真っ赤に染まり、最も人気の高い紅葉狩りスポットとなります

国宝として指定された寺

お釈迦様の遺灰が安置されているとされる舎利殿をはじめ、寺の一部は国宝として指定されています。巨大な洪鐘は14世紀に鋳造されたもので、山門の近くに掛けられています。正続院は寺の建立時からの建物で、現在でも修行僧の鍛錬の場としての本来の目的で使用されています。

重要文化財

現在の仏教における円覚寺の重要性と役割を鑑みると、境内の全ての場所が公開されているわけではないことにも納得がいきます。舎利殿は正月三が日のみ一般公開されますが、多くの人々で大変混雑するため建物に近づくのは困難かも知れません。年間の他の日は、遠くから舎利殿を垣間見るだけで満足しなければなりません。

仏僧とともに坐禅に挑戦する

日曜の早朝、坐禅会が開かれます(4〜10月は午前5時30分〜6時30分、11〜3月は午前6時〜7時)。座禅会は日本語で行われます。

キーワード

円覚寺の周辺情報

Engaku-ji Temple 歴史
円覚寺 Kamakura-shi, Kanagawa-ken
Tokei-ji Temple 歴史
東慶寺 Kamakura-shi, Kanagawa-ken
Jochi-ji Temple 歴史
浄智寺 Kamakura-shi, Kanagawa-ken
Meigetsu-in Ajisai Temple 歴史
明月院 Kamakura-shi, Kanagawa-ken
Kencho-ji Temple 歴史
建長寺 Kamakura-shi, Kanagawa-ken
Zeniarai Benten Shrine 歴史
銭洗弁財天宇賀福神社 Kamakura-shi, Kanagawa-ken

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages