国立新美術館

The National Art Center, Tokyo The National Art Center, Tokyo
The National Art Center, Tokyo The National Art Center, Tokyo

©The National Art Center, Tokyo

内外のどちらから見ても印象的な世界有数の展示スペース

​ 国立新美術館は2007年に開館した5番目の国立美術館で、日本で最も重要な美術館のひとつです。 ここでは国内最大級の展示スペース(14,000㎡)を生かした多彩な展覧会の開催やアート関連の情報発信などを行っています。 さまざまな芸術表現を紹介し、創造性に新しい視点を提供すること、アートに関する情報資料の収集や公開を通じて人と芸術をつなぐこと、そしてシンポジウムやギャラリートーク、ワークショップなどを通じてさまざまなアートセンターとしての役割を果たす新しいタイプの美術館です。

©The National Art Center, Tokyo

おすすめ

  • ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼで景色を眺めながら、素晴らしいフランス料理をお楽しみください。
  • 3階には、美術に関する専門図書館「アートライブラリー」があります。

©The National Art Center, Tokyo

アクセス方法

国立新美術館の最寄り駅は地下鉄乃木坂駅、または六本木駅です。 ​ 千代田線の乃木坂駅下車、6番出口が美術館直結です。 日比谷線または大江戸線の六本木駅下車、そこから徒歩5分で美術館に到着します。 ​

©The National Art Center, Tokyo

概要

美術館には3つのカフェと1つのレストランがあります。

14,000平方メートルの展示スペースに、12の展示室があります。

国立新美術館は常設展示がなく、さまざまなジャンルの企画展、また公募展を開催しています。

美術館の休館日は火曜日です。

©The National Art Center, Tokyo

印象的な建物

​ 2007年に開館して以来、黒川紀章が設計したこの見事な建造物は、東京で最も印象的な美術館の1つです。美術館に入ると先ずは入口で、ガラスとスチールから成る巨大で明るいアトリウムに多くの人が見とれてしまうでしょう。 ​

©The National Art Center, Tokyo

東京大学生産技術研究所の跡地に建てられたこの美術館は、黒川の晩年の代表作です。この一流建築家はメタボリズム運動の提唱者であり、他の多くのギャラリーや国際的な建造物も設計しました。 ​

コンセプト

​ 他のほとんどの国立美術館とは異なり、国立新美術館には常設展示はありません。この美術館はコレクションを常設展示するのではなく、さまざまな企画展の開催や公募展の会場として運用することに重点を置いています。 ​ 常設展示がなく、次回訪れた時と同じ展示ではない可能性があるので、3階まで十分に観て回りましょう。その時折々に変化する企画展示室には、現代美術家・草間彌生、アニメーション監督・新海誠、建築家・安藤忠雄の作品が展示されたこともあります。 ​

六本木アート・トライアングル

​ 「六本木アート・トライアングル」は、六本木にある国立新美術館、森美術館、サントリー美術館の3つの美術館を指し、チケットの相互割引を受けられることもあります。六本木で夜を楽しむ前に、芸術文化を1日堪能できます。



* このコンテンツの情報はCOVID-19の影響により、実際の状態と異なる場合がありますのでご注意ください。

国立新美術館の周辺情報

The National Art Center, Tokyo アート・デザイン
1. 国立新美術館
Roppongi 食べ物と飲み物
2. 六本木
アート・デザイン
3. サントリー美術館
M_00610_001 アート・デザイン
4. 21_21 Design Sight
Mori Art Museum アート・デザイン
5. 森美術館
Nezu Museum アート・デザイン
6. 根津美術館

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages