別府弁天池

Beppu Benten pond Beppu Benten pond
Beppu Benten pond Beppu Benten pond

コバルトブルーの池、新鮮なマスの料理、近隣の鍾乳洞を探索

山口県 美祢市には、別府弁天池というとても透明度の高い水をたたえた池があります。 深さ約4メートルのコバルトブルーの水は自然のもので、驚くほど水量が豊かです。晴れた日には、池の底がはっきりと見え、あたかも完全に透明なガラスのようです。

色彩と同じように驚くべきは、その水温が年中約14℃であるということです。その水は灌漑用や飲料用に使われ、また近隣のマス養殖場でも使われます。有名な言い伝えは、この自然のミネラルウォーターをグラス一杯飲めば、寿命が延びると言われており、多くの人がこの水を飲んでいます。

おすすめ

  • 日本最大級のカルスト台地、 秋吉台と大鍾乳洞、 秋芳洞
  • きれいな水で育った地元のマスを食べてみる

アクセス方法

別府弁天池は、県庁所在地の山口市 からは自動車でアクセス可能です。

新山口駅から秋芳洞までのバス(約40分)に乗り、秋芳洞でバスを下車しタクシーで移動します。その他には、美祢駅からははタクシーで行くこともできます(約20分)。

別府弁天池の水で育ったマスを食す

別府弁天池からは毎分11トンもの水が湧き出ています。別府弁天池の水は地元のマス養殖場で使われます。マスは近くのレストランのメニューに並び、食べてみる価値があります。隣接する釣堀でマスを釣って、調理してもらうこともできます。

透明の水は水深約4メートル

華やかでスピリチュアルな「パワースポット」

夏の猛暑時でも、池の周りの空気は新鮮で涼しいです。別府厳島神社の敷地内にあるこの泉は自然のパワースポットで、毎年9月に水の恵みに感謝し、お祭りが行われます。その神秘的なコバルトブルーの水は、水に溶け込んだミネラルや、光の影響によるものと言われています。

別府弁天池は晴れた日には驚くほど美しいです

秋吉台と秋芳洞

約10キロほど離れた所にある大鍾乳洞、 秋芳洞とカルスト台地の秋吉台は、一見の価値があります。地上に降った雨が岩の隙間を通って滴り落ち、長い時間をかけこの自然の石灰石モニュメントを作り上げています。山口県 での心躍る自然をテーマとした一日を満喫するには、ここを訪れるのが最適でしょう。



* このコンテンツの情報はCOVID-19の影響により、実際の状態と異なる場合がありますのでご注意ください。

キーワード

別府弁天池の周辺情報

Beppu Benten pond 自然
1. 別府弁天池
Akiyoshi-dai Plateau Area 自然
2. 秋吉台
Shuhodo -Akiyoshido 自然
3. 秋芳洞
otozure ラグジュアリーステイ
4. 山口県・湯本温泉 大谷山荘 別邸 音信
Oumi-jima Island 自然
5. 青海島
Hagi Castle 歴史
6. 萩城跡指月公園

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages