加茂水族館

Kamo Aquarium Kamo Aquarium
Kamo Aquarium Kamo Aquarium

クラゲ展示種類数で世界一を誇る水族館

当地で最も人気のあるビーチ・湯野浜の南部、山形県の日本海沿いにひっそりと佇む加茂水族館。展示する海の生き物自体が珍しいですが、その珍しさに負けないほど劇的な軌跡を辿った水族館の物語がここにはあります。

概要

加茂水族館では60種以上ものクラゲを展示しています

加茂水族館は、クラゲの展示種類数で世界最大級の規模を誇ります

アクセス方法

加茂水族館は鶴岡駅からバスでアクセスできます。

鶴岡駅からのバスの所要時間は約40分です。鶴岡駅はJR羽越本線の駅で、酒田市から南へ20分です。

クラゲによって経営の危機から回復した

加茂水族館は一度経営危機に直面し、抜本的な改革が求められる状況でした。そこで考えられた方策が水族館に世界最大級のクラゲのコレクションを展示するというものでした。

60種以上のクラゲが視覚的に魅力的な水槽内で照らされ、来場者は色とりどりで多様なクラゲを鑑賞することができます。これは癒やされる光景で、半透明の神秘的なクラゲの美しさをより一層高めます。

水族館を訪れた際少し混雑していても驚かないでください。加茂水族館は中心部から比較的離れていますが、毎年50万人以上の方が訪れています。

アシカやアザラシのパフォーマンス

ここでの目玉はクラゲだけではありません。1階ではアシカやアザラシを、そして2階ではヤドカリやタコ、サメを見学することができます。

かわいらしいアシカやアザラシの解説は毎日行われ、4月1日から11月末にかけて来場者を楽しませます。

珍しい味

来場者はクラゲを鑑賞するだけでなく、実際に食べることができます。食用のクラゲが、アイスクリームやまんじゅう、ラーメンなど様々な食べ物と姿を変えます。

最新の情報は変更がありえますので、公式HPなどをご確認下さい



* このコンテンツの情報はCOVID-19の影響により、実際の状態と異なる場合がありますのでご注意ください。

加茂水族館の周辺情報

Kamo Aquarium アトラクション
1. 加茂水族館
tsuruoka park-cherry blossom 祭り・イベント
2. 鶴岡公園の桜
Ken Domon Museum of Photography アート・デザイン
3. 土門拳記念館
Sankyo Soko アトラクション
4. 山居倉庫
somaro -maiko teahouse - hina doll gallery 文化
5. 舞娘茶屋 雛藏畫廊 相馬樓
Mt. Haguro 自然
6. 羽黒山

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages