サッポロビール博物館

Sapporo Beer Museum Sapporo Beer Museum
Sapporo Beer Museum Sapporo Beer Museum

ビールの知識を広げ、素晴らしいビールを飲み、心のこもった料理を食べる

醸造所は1877年から札幌 で高品質のビールを製造しています。その1世紀後の1987年に、サッポロビール博物館が開館しました。ここでは、北海道開拓の歴史からサッポロビールへと引き継がれた伝統と志を紹介しています。。2016年に大規模な改装が行われたこの博物館は、元の美しいレンガ造りの建物です。

直ぐ隣には、同じような雰囲気のサッポロビール園があります。ここでは出来立てのドラフトビールを飲んだり、北海道の最高級の肉を食べたり、オクトーバーフェストでは見逃せない巨大なビアホールが設けられます。

おすすめ

  • 観光を終えた後のビール
  • 焼肉食べ放題
  • スタイリッシュなシャツ、ビールジョッキ、限定品の土産がある土産物店

アクセス方法

札幌駅 などの駅からバス、タクシー、徒歩で博物館にアクセスできます。

ビール博物館を訪れる最良の方法は、地下鉄の大通駅または東急百貨店の前から循環88ビール園・ファクトリー線に乗ることです。このバスはこの博物館の直ぐ隣に停車します。または、札幌駅から東豊線に乗って、2駅先の東区役所前駅で下車します。そこから徒歩15分です。札幌駅 からは徒歩で25分です。タクシーで直ぐ行くこともできます。

概説

1890年当時の建設には外国人エンジニアが参加しています。

日本人醸造人によるビールはここ北海道で生まれました。

博物館は北海道遺産です。

甘い始まり

サッポロビール博物館は実際には、1890年に建てられた製糖工場で、その後、ビール製麦工場となった後、博物館になりました。美味しいビールを飲めるだけでなく、歴史的建造物や道具を写真撮影できるので、楽しめるでしょう。

ツアーで特別なビールを味わう

博物館は自由に見学することができます。ガイド付きが良い場合は、料金を支払ってプレミアムツアーに参加できます。その途中、1877年当時の醸造方法で作られた「復刻札幌製麦酒」を飲むことができます。

サッポロビールが長年使用してきたポスターや広告を観てみましょう。それぞれの時代に日本で流行していたファッションやデザインを知る絶好の機会です。

サッポロビール園の美味しいビール、食べ物、楽しい時間

博物館を見学した後は、サッポロビール園にある5つのレストランでお酒と食べ物を楽しみましょう。タラバガニ、寿司、子羊または羊肉を使用した料理ジンギスカン(モンゴルの武将にちなんで名づけられています)などの料理があります。ケッセルホール、トロンメルホール、ポプラ館には食べ放題・飲み放題コースがあります。ライラックには日本料理、韓国料理、西洋料理などのアラカルト料理があります。ガーデングリルで、穀物で育てられたラム肉を食べることができます。ネットから予約することができます。

サッポロビール博物館の周辺情報

Sapporo Beer Museum アトラクション
サッポロビール博物館 Sapporo-shi, Hokkaido
Sapporo City Clock アトラクション
札幌市時計台 Sapporo-shi, Hokkaido
Munich Christmas Market 祭り・イベント
ミュンヘン・クリスマス市 Sapporo-shi, Hokkaido
Sapporo Station その他
札幌駅 Sapporo-shi, Hokkaido
Sapporo White Illumination 祭り・イベント
さっぽろホワイトイルミネーション Sapporo-shi, Hokkaido
Susukino 食べ物と飲み物
すすきの Sapporo-shi, Hokkaido
  • HOME
  • サッポロビール博物館

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages