日本最大の石仏群を誇る城下町

16世紀に城下町として繁栄した臼杵市には、風光明媚な場所や寺院とともに、その繁栄の名残が多くあります。

おすすめ

  • 臼杵市にある石仏群は12世紀に彫られたと考えられています
  • 静かな満月寺の見どころは変わった表情の仁王像です
  • 白壁と石畳が美しい二王座歴史の道

アクセス方法

臼杵には電車でアクセスできます。

大分駅 から臼杵駅までは、JR日豊本線の特急電車で38分です。大分駅 には、九州 各地にアクセスできる九大線、豊肥線、日豊線が乗り入れています。

古い町並みを散策する

およそ400年前、臼杵は岸辺に漂流したオランダ船を受け入れたことで、日本外交史の新しい時代の幕開けにおいて重要な役割を果たしました。

臼杵城は、はるか昔に取り壊されましたが、城壁の一部が今も残っています。

臼杵石仏

これらの石仏像は、12世紀にこの町からおよそ4キロメートル離れた丘の崖から彫り出されたものと考えられています。

これらの石仏群は、数が60以上あり、摩崖仏群としては日本最大で、九州地方で国宝に指定された最初の人工遺物です。

毎年秋の「うすき竹宵」が催されている間、臼杵を訪れてみませんか。数千もの竹ぼんぼりに火が灯される様を眺めたり、寺で奏でられる琴の音を聞いたりしてみましょう。

キーワード

臼杵エリアの周辺情報

Usuki Sekibutsu 歴史
臼杵エリア Usuki-shi, Oita-ken
Ruins of Ususki Castle at Usuki Park & Daimonyagura 歴史
臼杵城跡 Usuki-shi, Oita-ken
歴史
臼杵武家屋敷跡 Usuki-shi, Oita-ken
Usuki-Takeyoi tikuraku& Sen'nen-Akari 祭り・イベント
うすき竹宵 Usuki-shi, Oita-ken
アトラクション
フンドーキン醤油 工場見学 Usuki-shi, Oita-ken
Usuki Sekibutsu アトラクション
臼杵磨崖仏 Usuki-shi, Oita-ken

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages