田園風景と日本最大の鍾乳洞

山口県 美祢市の秋吉台は、日本では他に類を見ない風景が広がる場所です。 秋吉台は約3億年前のサンゴ礁が基になってできました。長い時間をかけ陸に押し上げられ、雨水などによって溶かされ、印象的な石灰岩や鍾乳石になりました。

しかしながら、この岩だらけの草原を通る曲がりくねった道を探索する前に、日本で最も多くの洞窟が存在する秋吉台の地下にある、秋芳洞をまず訪れるのがよろしいでしょう。

おすすめ

  • 秋芳洞内部の鍾乳洞の天然プールと段丘
  • 巨大な鍾乳石、「黄金柱」
  • 秋吉台全体の眺望とカルストの景観

アクセス方法

秋芳洞と秋吉台へは、山口市や山口県の他市からのバス路線によりアクセス可能です。

防長バスは、新山口駅から秋芳洞バスセンターまで運行しています。またJR山口駅からは、中国JRバスも秋芳洞バスセンターまで運行しています。1日2便の防長バスが、東萩駅から秋吉台を経て秋芳洞まで運行しています。

大洞窟である秋芳洞

木々の間を歩き、川にかかった橋を渡り、秋芳洞として知られる洞窟に入ります。

洞窟は大きく、中の遊歩道は整備されています。柔らかい灯りが、この素晴らしい場所の雰囲気を醸し出し、目を見張るような石灰岩の層と、鍾乳石、石筍を効果的に照らし出しています。洞窟の中を流れる水は聴覚的な効果だけでなく、石灰岩をより幻想的な形に溶かします。

急流の上を渡って秋芳洞の中へ

"100 plates"石灰石の段丘「百枚皿」

岩板と黄金柱

これらの洞窟は日本最大で、総長約11キロメートルに及びます。しかしながら、約1キロメートルだけが公開されています。

秋芳洞の中には大変有名な場所が2か所あります。一つ目は「百枚皿」、巨大な石灰岩の段丘で、すべて洗浄済みの客に出す前の重なりあった皿のように見えます。もう一つが「黄金柱」と呼ばれる巨大な鍾乳石で、高さ15メートル、直径4メートルにも及びます。

追加で300円支払えば、特別な道を登って、洞窟を見下ろしながら探検気分を味わうことができます。

見たことがないカルスト地形である秋吉台まで上がって

洞窟の中間には秋吉台につながるエレベーターがあります。秋吉台展望台は出口から徒歩5分登った所にあります。草地に足を踏み入れると、そこに息を吞むようなカルストの光景が目に飛び込んできます。

かつてススキが藁葺や他の利用のために刈り取られてました。年に一度行われる秋吉台の野焼きが木が大きくなるのを妨げています。この特別な景観をハイキングコースとして歩いて探索することをおすすめします。鮮やかな緑、岩の白、空の青等色のコントラストが想像力を搔き立てることでしょう。

草地再生のための野焼き

秋吉台の景観は季節の移り変わりとともに変わりますが、年に一度人が景観を変えてしまいます。

2月の第三日曜日に、秋吉台では、草地保全のために野焼きが行われます。これは秋吉台山焼きと呼ばれています。地域住民やボランティアが草に火を放つと、火が草原全体に広がり、全てを黒色に代えて、白い岩を露出させます。

自然景観の愛好家にとっては、秋吉台と秋芳洞は、 山口 又は からの日帰りには最適の場所です。



* このコンテンツの情報はCOVID-19の影響により、実際の状態と異なる場合がありますのでご注意ください。

キーワード

秋吉台の周辺情報

Akiyoshi-dai Plateau Area 自然
1. 秋吉台
Shuhodo -Akiyoshido 自然
2. 秋芳洞
Beppu Benten pond 自然
3. 別府弁天池
otozure ラグジュアリーステイ
4. 山口県・湯本温泉 大谷山荘 別邸 音信
Yamaguchi Daijingu 歴史
5. 山口大神宮
ruriko-ji temple 歴史
6. 瑠璃光寺五重塔

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages