奈良の古い商人の街-そこはかとない現代的な上品さを備えた歴史地区

ならまちとして知られるそのエリアはかつて奈良商人の町でした。ここにある多くの旧商人邸宅は、博物館、おしゃれなブティック、風変わりなカフェ、和菓子専門店等に変わっています。元興寺や他の文化的観光地等の寺院とともに、伝統的な外見と現代的な外見の融合が、ならまちを探検の好奇心をそそる場所にしています。

おすすめ

  • 地元のお菓子を専門に扱う菓子店
  • なら工藝館
  • 百済王の強力な援助の影響を受けた飛鳥時代の文化を受け継ぐ、元興寺

アクセス方法

大阪や京都からJRの奈良駅又は近鉄奈良駅のいずれかに行く事ができます。

近鉄奈良駅から、ならまちの猿沢池までは徒歩5分程度、元興寺周辺までは徒歩10分程度です。近鉄奈良駅、JR奈良駅、ならまちには、循環バス1番と2番の運行があります。

”迷子”になるのに最適な場所

奈良町エリアで道に迷うのは、予想に反してとても楽しいです。人気のスポットとしては、奈良の古来からの伝統産業の数々が見られる地元の工芸館や、庭園や、抹茶を楽しめる空間がある”今西家書院”等があります。

近隣の狭い道には住居が並び、その多くが、細長い敷地に建つ店舗と住居の両方の役割を果たす町屋です。町屋の狭い間口のおかげで商人は重い税を逃れることができました。税は不動産の通りへのアクセスを測定して計算されていたからです。

朝鮮半島の影響を強く受けた寺

奈良の南都七大寺のうちの一つである、元興寺 もまたこのエリアにあります。日本で最初の仏寺建立に際して、百済の王から派遣された専門の職人たちの助けを得て、6世紀に創建されました。飛鳥寺を前身とする寺として知られ、現存する建築と瓦は、特に当時二国間の文化的交流が盛んであったことを表しています。

寺の建物はかつて町の大半を占めていましたが、時が経つにつれ、町が寺の面積を狭くしていきました。そして元興寺 はもう一つの側面において重要です。日本の伝統の夏祭りで、祖先の霊を祭る”お盆”は、ここで始まりました。

江戸時代に遡って

ここの建築物は、独特の木製の格子窓のある化粧漆喰壁や土壁を特色としているので、それを見ながら通りを散策しているだけでも価値があります。奥行きが深く幅の狭い住居は、減税になる事に加えて、商人の暮らしに機能性、プライバシー保護、快適さの要素を提供しました。住居の内庭と通路の庭が、光と風が前から後ろへ通るように工夫をなされました。また階段箪笥等の革新的工芸技術により、有用な収納スペースが確保されました。

町屋の一部は、博物館に変わり、そこでこれらの特徴を間近に見ることができます。かつての生活を体験できる100年前の町屋“奈良町にぎわいの家”や昔の伝統的な町屋家屋を正確に再現している“ならまち格子の家”があります。

丸一日の奈良での観光

町屋への関心が高まり、さらに多くの町屋が、ゲストハウスだけでなく、おしゃれなカフェや店に変わっています。ここには素晴らしい料理、静かなバー、手工芸品、伝統的なお菓子、おしゃれな洋服のブティックがあり、さらに全く予想もしないものが旅行者を待ち受けています。

元興寺 、奈良町にぎわいの家、ならまち格子の家 (ならまち格子の家)、なら工藝館、猿沢池、数件の店等ならまちエリアの探索には半日を費やす計画を立ててください。それを奈良公園 東大寺 春日大社 興福寺 への訪問と組み合わせれば、丸一日の奈良観光になります。



* このコンテンツの情報はCOVID-19の影響により、実際の状態と異なる場合がありますのでご注意ください。

キーワード

奈良町の周辺情報

Nara-machi Area 歴史
1. 奈良町
noboriojihotelnara ラグジュアリーステイ
2. 登大路ホテル奈良
Takigi O-Noh 祭り・イベント
3. 興福寺の薪能
Kofuku-ji Temple 歴史
4. 興福寺
Gango-ji Temple 歴史
5. 元興寺
Nara National Museum アトラクション
6. 奈良国立博物館

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages