10世紀以来非常に愛されるこの雰囲気のある温泉街へ脱出

何世紀にもわたり、下呂温泉は、湯に浸かりに行くのに最高の場所の一つとして、日本中で有名です。その名声は、海外にも広がっていますが、チャーリーチャップリン等傑出した来訪客を招き、街のステータスを祝う旅行となりました。温泉に浸りタイムスリップするために下呂温泉に行き、一晩又はもっと長くゆったり宿泊する時間をとっておいてください。

おすすめ

  • 飛騨川のそばの岩の間で入浴
  • 温泉寺まで石段を登って景観を楽しむ
  • 合掌造村で白川郷を体験

アクセス方法

下呂温泉は名古屋と岐阜の両方から簡単にアクセス可能です。

名古屋市又は岐阜市から、JR高山線に乗ってください。名古屋駅からは約90分で、岐阜からは60分強です。高山から同じ線に乗ると約1時間です。

食べて飲んで愉しく

下呂は温泉一色です。来訪客の大半は、多くのホテル又は旅館の一つに宿泊します。お風呂はお客様専用で、お部屋でお客様に美味しい特産物を提供することが多いです。

忙しい日本の家族にとって、下呂は究極の癒しになります。チェックインするだけで、何もする必要がありません。日本人にとっては仕事の緊張をほぐすための主要な方法です。

日帰りなら

日帰り客もまた歓迎されます。下呂温泉には3つの公衆浴場と下呂橋のそばに無料の露天風呂がります。けれども、橋の上にいる人々が入浴している人々を、のぞき見することができますので気を付けてください。

一部のホテルと旅館は、一日のうち特定の時間に湯を公開します。湯めぐり手形(バスパス)を購入すればこれら3つの湯にアクセス可能で、通常はそれで十分です。

観光もあり

下呂温泉はほとんどが入浴、食、睡眠を求めて訪れますが、このエリアに観光の選択肢がないわけではありません。

温泉寺は、下呂の上に位置し、飛騨側に沿って素晴らしい景色を提供しています。この温泉の仏陀は、癒しに専念しており、下呂温泉のミネラル成分が回復の力を持っていると言われているので、素晴らしいです。温泉水は特に肌の状態と関節炎に特に有効であると言われています。

もう一つの美しい寺、禅昌寺は高山線のさらに北にもう1駅の所にあります。散策して観光しながら、町に点在する無料の足湯で、ゆったりと休むことができます。

時間を遡る

合掌村野外博物館が白川郷 を思い起こさせるという事実は偶然ではありません。建築物を称えるだけではなく、訪問者は伝統的な大工の技術の実演にも参加することができます。

地元の食と工芸品の朝市は、早起きの人々の興味を搔き立てます。下呂発温泉博物館は、下呂の歴史を物語っています。

お祭り気分

毎年8月1日から3日にかけて、下呂は龍神火まつりを開催します。芸者の踊り、音楽、花火を取り入れられており、下呂ではその年の見所で、宿泊施設の確保は、難しいです。

2月の踊り祭り、5月と11月の歌舞伎、年末の花火等が他の祭りの選択肢です。

下呂温泉の周辺情報

takayama & around リラクゼーション
下呂温泉 Gero-shi, Gifu-ken
Tsukechi-kyo Valley 自然
付知峡 Nakatsugawa-shi, Gifu-ken
Mt Ontake 自然
御嶽山 Kiso-gun, Nagano-ken
wanosato ラグジュアリーステイ
岐阜県飛騨高山 倭乃里
Otaki Limestone Cave 自然
大滝鍾乳洞 Gujo-shi, Gifu-ken
Hachiman Castle 歴史
郡上八幡城 Gujo-shi, Gifu-ken

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages