ロマンチックな運河のある雰囲気あふれる港町

小さな港町「小樽」は明治と大正の時代(1868-1926)に日本の主要な貿易、金融、ビジネスの中心地の1つとして全盛期を迎えました。もはや金融の大国ではありませんが、旧世界の魅力がたくさんある街へと進化しました。

職人がここで美しい手作りのガラスとオルゴールを作り、景色はロマンスを刺激し、海は素晴らしいシーフードを提供してくれます。この地域には温泉もあり、四季折々のスポーツも楽しめます。

おすすめ

  • 駅から港まで乗れる人力車
  • キャンドルでライトアップされた夜の美しい運河
  • 手作りギフトを選べるクラフトショップやスタジオ

アクセス方法

小樽は、札幌駅 や新千歳空港から電車やバスで行くのが一番簡単です。

千歳空港から小樽まではJR千歳・函館本線の高速列車で1時間強です。札幌駅 から小樽まで電車で30〜35分、札幌からのバスは約1時間10分、新千歳空港からは約2時間かかります。

概要

先住民族のアイヌの人々が小樽を設立

1899年7月、小樽はアメリカとイギリスとの貿易のために正式に開港

町の工芸品店で自分だけのオルゴールやガラス製品を作成

時間を遡る

町の多くの印象的な建物は、小樽が貿易とビジネスの中心地として繁栄した時代にまでさかのぼります。 1世紀前の運河沿いの建物の多くは、ショップ、ガラス細工のスタジオ、コーヒーハウス、レストランとして再利用されています。レンガや石造りのこれらの古い倉庫は、石油ランプが点灯し、石畳の通りに配置されているため、夕方には美しい景色を作り出します。

天狗山の頂上からの眺めを見る

坂の町としても知られる小樽で最も見晴らしの良い場所は、石狩湾、積丹半島、小樽のパノラマの景色を望む天狗山の頂上です。山は街にそびえ立ち、冬には人気のスキーリゾートにもなります。ロープウェイに乗って天狗山神社まで行き、絶景を楽しみましょう。オタモイの断崖も、特に夏には多くの観光客を魅了します。

温泉の宿泊施設をお探しなら、近くの朝里川温泉には川沿いのホテルやB&Bがたくさんあります。ゴルフやテニス、秋は紅葉、冬はスキーが楽しめます。

ロマンチックな夜を過ごす

パートナーを連れて行く特別な場所をお探しですか?小樽運河には倉庫をリノベーションした店や港湾の見晴らしの良いレストランがある楽しい観光スポットで、カップルにとって特別なパワースポットと見なされています。また、お祭りの期間中、運河に美しいライトやランタンが浮かびます。

美味しいお寿司や海の幸の料理を食す

小樽では海が目の前に広がります。大型船が毎日新鮮な魚を市場に運びます。つまり、日本で最高の魚介類を手に入れることができます。港の近くにある素晴らしい寿司屋をぜひチェックしてください。

輝きについていくと

2月に10日間開催される小樽雪あかりの路まつり では、運河に氷のランタンが灯され、街には雪像が飾られ、スピリチュアルな雰囲気を醸し出しています。自分でランタンを作ることもできます。

キーワード

小樽エリアの周辺情報

Otaru Snow Light Path 食べ物と飲み物
小樽エリア Otaru-shi, Hokkaido
Otaru Snow Light Path 祭り・イベント
小樽雪あかりの路 Otaru-shi, Hokkaido
Otaru Museum -Unga-kan アトラクション
小樽市総合博物館 Otaru-shi, Hokkaido
ラグジュアリーステイ
銀鱗荘
Otaru Aquarium アトラクション
おたる水族館 Otaru-shi, Hokkaido
kiroro アクションとアドベンチャー
キロロリゾート Yoichi-gun, Hokkaido

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages