若狭神宮寺のお水送り

Omizu-okuri Omizu-okuri
Omizu-okuri Omizu-okuri

1,000年以上続く水の伝統神事

福井県で最も有名な春の行事の一つである「お水送り」は、小浜市の神宮寺にて毎年3月2日に催される神事です。神宮寺にある「閼伽井」と呼ばれる井戸から神聖な水が汲み取られ、鵜の瀬のそばにある川まで運ばれ注がれます。

この神聖な水は、儀式の10日後に、東大寺二月堂の「若狭井」という井戸から汲み上げられ、二月堂のご本尊の観音様にお供えされます。奈良と若狭地区の強い結びつきを示す歴史のある行事です。

おすすめ

  • 迫力のある夜の松明行列
  • 神宮寺での弓打ち神事
  • 甘酒(酒造りに使われる米からできた甘いノンアルコールの飲み物)の振る舞い

アクセス方法

神宮寺へは、シャトルバス、タクシーまたは徒歩でアクセス可能です。

東小浜駅から徒歩30分ですが、お水送りの日は小浜駅からシャトルバスも運行しています。

東京から小浜市へは、米原まで東海道新幹線に乗車し、そして特急しらさぎで敦賀まで行き、そこからJR小浜線を利用するのが最も便利です。所要時間は4時間強です。

概要

観客の「エイッ」というかけ声とともに、だったんの行では、7メートルほどある松明を空中で振り回します

手松明を購入し、自らの願いを捧げることができます

小浜市でのスケジュール

お水送りは11時に開始しますが、午後1時までは一般公開されていません。1,500円~2,000円で手松明を購入し、他の一般参加者と一緒に、午後6時に始まる夜の行事に参加することができます。

松明行列では、神宮寺から遠敷川まで約2キロメートルを歩きます。幻想的な光景が描き出されます。

行列が到着すると、住職が日本刀で邪気を払い送水文を読み上げ、川に神聖な御香水を流します。この水は、10日後に東大寺二月堂まで届きます。



* このコンテンツの情報はCOVID-19の影響により、実際の状態と異なる場合がありますのでご注意ください。

若狭神宮寺のお水送りの周辺情報

Omizu-okuri 祭り・イベント
1. 若狭神宮寺のお水送り
Myotsuji Temple 歴史
2. 明通寺
Mikata Five lakes 自然
3. 三方五湖
自然
4. 若狭和田ビーチ
Miyama 歴史
5. 美山
Biwako Terrace アトラクション
6. びわ湖テラス

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages