大分の有名な竹を使った「大分三大灯り」

真竹の生産量日本一を誇る大分県 。この伝統産業を継承するために、地元の祭りでは様々な形で竹が使用されています。

11月にこの地域を訪れた場合には、そうした地元の行事である臼杵市 の「うすき竹宵」、竹田市 の「たけた竹灯籠 竹楽」、日田市 の「千年あかり」を、ぜひご覧ください。

おすすめ

  • 竹を切ってアート作品を制作する地元の職人
  • 狭い路地を灯す竹灯篭
  • 夜になると川面に映る竹灯篭の灯り

アクセス方法

大分駅が各祭りへの拠点となります。JR久大本線、JR豊肥本線、JR日豊本線を利用して九州各地へアクセスできます。

「うすき竹宵」へは、JR豊肥本線の特急で大分駅から臼杵駅まで38分。「たけた竹灯籠 竹楽」へは、JR豊肥本線で大分駅から豊後竹田駅まで約80分。「千年あかり」へは、大分駅でJR久大本線に乗車し、日田駅で下車してください。

般若姫を迎える「うすき竹宵」

11月の第一週目、この祭りの参加者は般若姫の霊を両親の下へ導くために竹に灯りをともします。

竹灯篭やアート作品の制作は祭りの重要な役割を果たし、8月に山で竹を伐採するところから始まります。

地元の学校、企業、地方自治体など、地域の組織が協力して竹灯篭やアート作品を制作します。

城下町のお祭り「たけた竹灯籠 竹楽」

11月中旬に3日間にわたって開催されるこのお祭りでは、竹田市 の城下町で2万本の竹灯籠が灯されます。日没前後に灯篭が点火される瞬間は特に色鮮やかで美しいのでお見逃しなく。

竹灯篭の流れ「千年あかり」

このお祭りでは、豆田町を流れる花月川周辺で約3万本の竹灯籠が灯されます。11月のお祭り期間中、豆田町では様々なコンサートやイベントが開催されるので、情報をご確認ください。

うすき竹宵の周辺情報

Usuki-Takeyoi tikuraku& Sen'nen-Akari 祭り・イベント
うすき竹宵 Usuki-shi, Oita-ken
Ruins of Ususki Castle at Usuki Park & Daimonyagura 歴史
臼杵城跡 Usuki-shi, Oita-ken
Usuki Sekibutsu 歴史
臼杵エリア Usuki-shi, Oita-ken
歴史
臼杵武家屋敷跡 Usuki-shi, Oita-ken
アトラクション
フンドーキン醤油 工場見学 Usuki-shi, Oita-ken
Usuki Sekibutsu アトラクション
臼杵磨崖仏 Usuki-shi, Oita-ken

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages