現代まで語り継がれる忠誠心を称える歴史的なお祭り

日本文化が好きな方であれば、四十七人の浪人についてはほぼ間違いなく聞いたことがあるでしょう。主君を失った武士たちが不当に主君を裁いた領主に仇討ちし、その後切腹自害したという、18世紀の物語は伝説となっています。忠誠心と自己犠牲の物語は、日本人に広く愛され、多くの舞台や映画で演じられています。

この伝説の裏にある本当の歴史を、泉岳寺で見つけることができます。武士たちが眠る、普段は静謐なこの禅寺では、毎年、これらの出来事を称える「赤穂義士祭」が開催されます。

アクセス方法

泉岳寺へは都営浅草線泉岳寺駅が最寄り駅です。泉岳寺駅A2出口から徒歩1分です。

JRを利用する場合、泉岳寺駅はJR品川駅と田町駅の中間地点にあり、どちらの駅からも徒歩15分です。

義士に表敬

一年中いつでも、寺の入口でお線香を購入し、四十七人の浪人が眠るお墓を、静かにお参りすることができます。都内の他の場所と比べると、泉岳寺はいつもとても静かですが、12月14日に赤穂義士の供養行事である、「赤穂義士祭」というお祭りを行います。

覚えておくべき日

色とりどりの屋台やたこ焼きや焼きそばなどのお祭りの食べ物の匂いが、義士行列とは対照的です。義士行列は、四十七人の義士に扮した有志が、 東京タワー 近くの増上寺 から泉岳寺までを練り歩く、厳かな行列です。お寺では午前中に追善法事と伝統的な演舞が行われます。

祭りの日に予定が合わなかったとしても、日本の武士の歴史を知りたい人は、ぜひ一度、泉岳寺の境内を訪れてみましょう。

泉岳寺での赤穂義士祭の周辺情報

Gishi-sai 祭り・イベント
泉岳寺での赤穂義士祭 Tokyo-to
shinagawaprincehotel ラグジュアリーステイ
品川プリンスホテル
Shibaura Area 文化
芝浦エリア Tokyo-to
自然
国立科学博物館附属自然教育園 Tokyo-to
アート・デザイン
原美術館 Tokyo-to
Tokyo Metropolitan Teien Art Museum アート・デザイン
東京都庭園美術館 Tokyo-to
  • HOME
  • 泉岳寺での赤穂義士祭

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages