祭り・イベント

神田祭

Kanda Matsuri Kanda Matsuri
Kanda Matsuri Kanda Matsuri

都内最大級の熱気あふれる祭り

200台を超える山車、神輿と呼ばれる神霊の乗り物、踊り子、囃子方、そして馬に乗った神官が練り歩く「神田祭」は、この世のものとは思えないほど素晴らしい祭りです。

おすすめ

  • 東京を練り歩く行列
  • 各地で販売される祭りならではの屋台グルメ
  • 祭礼に参加する踊り子や囃子方

アクセス方法

神田祭 」は秋葉原駅や御茶ノ水駅に近い神田明神を中心に開催されます。

「神田祭」の行列は神田明神の周辺地域も練り歩きます。5月15日前後の週末に開催されるため、祭りの期間中は神田明神の近くはもちろんのこと、行列が通る主要道路にたどり着くことさえ難しいかもしれません。混雑状況や神輿の観覧場所については、駅で最新情報を確認しましょう。

関ヶ原の戦いでの勝利

「神田祭」の起源は、徳川家康軍が関ヶ原の戦いで勝利した1600年まで遡ります。勝利を祝う祭りは、幕府が繫栄していた江戸時代(1603-1867年)に継続して開催され、今日まで続いています。

「神田祭」の祭礼の中心である神田明神は、商売繁盛や幸運のご利益があることで知られています。七福神のうちの二神、えびす様とだいこく様が神田明神の御祭神として祀られています。

重要な祭り

祭礼は約1週間続きますが、特に重要な二つの行事は最後の週末に行われます。土曜日は主に行列が練り歩き、日曜日は神輿が巡行します。行列や神輿の巡行路は神社周辺だけに留まらず、東京の中心部の大手町や丸の内まで向かいます。日本橋周辺も一部の神輿の巡行路となっています。

もう一つの祭り

東京を代表する祭りであるにも関わらず、「神田祭」は隔年で開催されます。偶数年の6月には永田町でもう一つのお祭り、日枝神社 の「山王祭 」の大行列が行われます。

人混みにご注意を

最後の週末には驚くほどの程人出があります。神田明神に近づくにつれ、通りはますます混雑します。

神田祭の周辺情報

Kanda Matsuri 祭り・イベント
神田祭 Tokyo-to
Kanda-jinja Shrine 歴史
神田明神 Tokyo-to
Yushima Tenman-gu Shrine 歴史
湯島天満宮 Tokyo-to
Akihabara ショッピング
秋葉原 Tokyo-to
Ameya-yokocho Market 文化
上野エリア Tokyo-to
Ameya-yokocho Market ショッピング
アメヤ横丁 Tokyo-to

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages