祭り・イベント

長浜曳山まつり

Nagahama Hikiyama Festival Nagahama Hikiyama Festival
Nagahama Hikiyama Festival Nagahama Hikiyama Festival

日本三大山車祭りで曳山に乗った子供たちが演じる歌舞伎を楽しむ

滋賀県彦根 に近い長浜で、4月中旬に「長浜曳山祭」が開催されます。この祭りでは、子供歌舞伎が奉納されます。この祭りは長浜八幡宮 の境内から始まります。祭りの日に訪れると町中で様々な催しが開かれています。

おすすめ

  • 長浜八幡宮を背景に催される演劇の鑑賞
  • 40分に及ぶ子供たちの演技の鑑賞
  • 祭り期間中以外でも、長浜市曳山博物館で実物の曳山を見学

アクセス方法

長浜八幡宮 滋賀県 長浜市 にあります。鉄道を利用して、駅からは徒歩またはタクシーで容易に行くことができます。

長浜八幡宮に行くためには、東海道新幹線で東京 から約2時間、京都 からは20分の米原まで行き、JR北陸線に乗り換えて約15分の長浜 で下車します。JR長浜駅から徒歩でおよそ15分です。

町中で行われる歌舞伎

由来書によると「長浜曳山祭」は400年以上前に、長浜の城主であった豊臣秀吉の男子誕生を祝って始まったといわれています。それ以来、長浜の地域の人々は祭りを地元の誇りとして、大きく壮麗な曳山と呼ばれる山車を維持管理してきました。また日本で行われる他の山車行列と異なっているのは、長浜の曳山が素晴らしい子供歌舞伎(子供が演じる歌舞伎)の動く舞台として使われている点です。

子供中心の舞台

子供歌舞伎の花形役者は、5歳から12歳の男の子たちです。子供たちは、学校の休みの日に衣装や顔ごしらえと共に歌舞伎の演技を上達するよう厳しい稽古を重ねます。

毎年4月14日と15日には、この町にある曳山のうち4基がくじで選ばれます。これらの曳山は、子供たちが名人芸を披露している間、町中を通り抜けます。移動していない時は、子供たちはポーズを取って申し分のない写真撮影の機会を与えてくれます。

ユネスコ無形文化遺産に指定

「長浜曳山祭」は日本三大山車祭の一つで、2016年にはユネスコ無形文化遺産に登録されました。この祭りの主要な行事は4月14日と15日に行われますが、4月中の他の行事についてはお問合せください。祭りの期間中に長浜 を訪れることができなくても、長浜市曳山博物館ではいつでも曳山を見学しこの伝統や慣習について学ぶことができます。



* このコンテンツの情報はCOVID-19の影響により、実際の状態と異なる場合がありますのでご注意ください。

長浜曳山まつりの周辺情報

Nagahama Hikiyama Festival 祭り・イベント
1. 長浜曳山まつり
Nagahama Hachiman-gu Shrine 歴史
2. 長濱八幡宮
Nagahama Hikiyama Festival 文化
3. 長浜
Yanmar Museum アトラクション
4. ヤンマーミュージアム
Ruins of Nagahama Castle 歴史
5. 長浜城
Ho Park 自然
6. 豊公園

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages