なまはげ柴灯まつり

「来訪神」とともに新年を迎える

みちのく五大雪まつりのひとつ「なまはげ柴灯(せど)まつり」は、秋田県男鹿市北浦の真山神社で行なわれる男鹿の冬を代表する冬祭りとして昭和39年に始まり、毎年2月の第二金・土・日の3日間開催されます。 このまつりは、900年以上前から毎年1月3日に真山神社で行われている神事「柴灯祭(さいとうさい)」と、民俗行事「なまはげ」を組み合わせた冬の観光行事です。 真山神社境内に焚き上げられた柴灯火のもとで繰り広げられる勇壮で迫力あるナマハゲの乱舞は見る人を魅了します。

おすすめ

  • 松明を手にしたなまはげが雪山から降りてくる、勇壮で神秘的な光景
  • なまはげが配る護摩餅を味わう

アクセス方法

このまつりは、秋田市の北西に位置する男鹿半島・北浦地区・「真山神社」にて行われます。

男鹿市の「なまはげ柴灯まつり」を体験するには、秋田駅からJR男鹿線に乗車します。男鹿市まで所要時間は約1時間です。男鹿駅からまつりの会場までは、有料シャトルバスが運行します。

概要

現在の「なまはげ柴灯まつり」は、900年以上前から毎年1月3日に真山神社で行われている神事「柴灯祭(さいとうさい)」と、民俗行事「なまはげ」を組み合わせた冬の観光行事です。

なまはげが手にもつ木製の包丁は、怠けて長い時間火のそばにいたことで火傷をした肌(なもみ)を、切り落とすためのものだと言われています

すぐそこにも、なまはげが

まつりとは別に、地域で行われている民俗行事はこのように行われます。大晦日の晩、若者たちのグループがお面を付け、「ケデ」といわれるワラの衣装に身を包み、なまはげに扮します。木製の包丁と木桶を持ち、「泣く子はいねがー、親の言うこど聞がね子はいねがー」「ここの家の嫁は早起きするがー」などと大声で叫びながら地域の家々を巡ります。

それぞれの家の主人から、餅と酒をふるまわれると、なまはげは家を去って行きます。家を後にする時なまはげは、来たる年の、その家人の健康と豊作を約束します。

最新の情報は変更がありえますので、公式HPなどをご覧ください



* このコンテンツの情報はCOVID-19の影響により、実際の状態と異なる場合がありますのでご注意ください。

なまはげ柴灯まつりの周辺情報

祭り・イベント
1. なまはげ柴灯まつり
アトラクション
2. なまはげ館
自然
3. 男鹿半島ゴジラ岩
Akita Kanto Matsuri 祭り・イベント
4. 秋田竿燈まつり
Senshu Park 自然
5. 千秋公園
Akita Kenritsu Bijutsukan Art Museum アート・デザイン
6. 秋田県立美術館

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages