なまはげ柴灯まつり

Namahage Sedo Festival Namahage Sedo Festival
Namahage Sedo Festival Namahage Sedo Festival

豊作を願い、鬼とともに新年を迎える

「なまはげ柴灯まつり」は、豊作を願い、鬼を歓迎する地元のおまつりです。2月の第2週目の週末にかけて行われるこのまつりは、1978年に国の重要無形民俗文化財に、そして2018年にはユネスコ無形文化遺産に認定されました。

鬼には男女の区別があり、男は赤、女は青のお面をそれぞれつけています。

おすすめ

  • なまはげが踊りながら家々を巡る光景
  • なまはげが配る護摩餅を味わう

アクセス方法

このまつりは、秋田市の北西に位置する男鹿半島全域で行われます。

男鹿市の「なまはげ柴灯まつり」を体験するには、秋田駅からJR男鹿線に乗車します。男鹿市まで所要時間は約1時間です。

概要

現在の「なまはげ柴灯まつり」は、1964年になまはげまつりと柴灯まつりが合わさって、始まりました

なまはげが手にもつ木製の包丁は、怠けて長い時間火のそばにいたことで火傷をした肌(なもみ)を、切り落とすためのものだと言われています

すぐそこにも、なまはげが

若者たちのグループが、お面を付けワラの衣装に身を包み、なまはげに扮します。木製の包丁と木桶を持ち、通りでは踊りながら、行儀の悪い子供をしかる声を上げ、家々を巡ります。

それぞれの家の主人から、餅と酒をふるまわれると、なまはげは家を去って行きます。家を後にする時なまはげは、来たる年の、その家人の健康と豊作を約束します。

その後、なまはげは護摩餅を参列者に配ります。ぜひその餅をご賞味ください。

最新の情報は変更がありえますので、公式HPなどをご覧ください

なまはげ柴灯まつりの周辺情報

Namahage Sedo Festival 祭り・イベント
なまはげ柴灯まつり Oga-shi, Akita-ken
アトラクション
なまはげ館 Oga-shi, Akita-ken
Godzilla Rock 自然
男鹿半島ゴジラ岩 Oga-shi, Akita-ken
Akita Kanto Matsuri 祭り・イベント
秋田竿燈まつり Akita-shi, Akita-ken
Senshu Park 自然
千秋公園 Akita-shi, Akita-ken
Akita Kenritsu Bijutsukan Art Museum アート・デザイン
秋田県立美術館 Akita-shi, Akita-ken
  • HOME
  • なまはげ柴灯まつり

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages