慶良間諸島への玄関口

渡嘉敷島は沖縄本島の約30キロメートル西にある慶良間諸島 最大の島です。日帰り旅行の他に、アイランドホッピングを試してみたい方には1泊するのにも理想的な旅先です。

夏にはシュノーケリング、ダイビングや日光浴に最適な美しい場所が数多くあります。また、冬にはホエールウォッチングに最適な場所です。

おすすめ

  • 西海岸にある二つの素晴らしいビーチ
  • 手付かずの自然が残る島のハイキングコース
  • 冬のザトウクジラの観察

アクセス方法

渡嘉敷島はフェリーでアクセス可能です。

那覇 の泊港から渡嘉敷島までは高速船が1日3便運航しており、所要時間は約35分です。

カーフェリーも1日1便運航し、所要時間は約70分です。また、他の島々へのアイランドホッピングもフェリーで行うことが可能です。

シュノーケリングの楽園

到着するのは渡嘉敷島の北東の海岸にある渡嘉敷港ですが、最も美しいビーチはここから南下した先の西海岸にあります。渡嘉敷島は慶良間諸島 最大の島ですが、それでもとても小さく、これらのビーチや阿波連港までは車でわずか10分です。

渡嘉敷島での交通機関

バスの本数が少ないため、島巡りには車、バイク、または自転車を借りるのが一番です。渡嘉敷島に宿泊する場合やツアーに参加する場合は、各社が運行するシャトルバスが含まれているかご確認ください。

二つのビーチの物語

阿波連ビーチは二つある主要なビーチのうち大きい方で、湾になっているので波や潮流の影響をほとんど受けません。ビーチは遊泳エリアと、ガイドが同行する場合のみ遊泳可能なエリアに分かれています。

蛍光ブルーのスズメダイの一種、チョウチョウウオ、ツノダシやクマノミがサンゴの上を泳ぎ、岩の割れ目に生息するシャコガイを観賞できる阿波連ビーチは、沖縄でも有数のシュノーケリングスポットです。

その他のアクティビティ

また、渡嘉志久ビーチも絶好のシュノーケリングスポットですが、このビーチは遊泳と日光浴に適したビーチです。どちらのビーチでもダイビング器材のレンタルショップや様々なツアーの提供店など、充実した施設が揃っています。

冬の訪問客

渡嘉敷島の海で泳ぐのに最適な時期は5月から10月ですが、これは人間であればの話です。ザトウクジラにとっては、アラスカから海を渡り、慶良間諸島の沖合に集まる1月から3月が泳ぐのに最も適した時期です。

ホエールウォッチングツアーは3時間かかります。

最新の情報は変更がありえますので、公式HPなどをご確認下さい

渡嘉敷島の周辺情報

Tokashiki-jima Island 自然
渡嘉敷島 Shimajiri-gun, Okinawa-ken
Zamami-jima Island 自然
座間味島 Shimajiri-gun, Okinawa-ken
自然
ニシ浜 Shimajiri-gun, Okinawa-ken
Aka Island 自然
阿嘉島 Shimajiri-gun, Okinawa-ken
KOKUSAI DORI ショッピング
国際通り Naha-shi, Okinawa-ken
Southern Okinawa 自然
沖縄南部 Itoman-shi, Okinawa-ken

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages