日本でも有数のリゾート島で、海水浴、カヤックそしてダイビング

奄美大島は、九州 沖縄 の間、東シナ海に位置しています。島の気候は穏やかな沖縄のそれに似ており、白い砂浜や美しい珊瑚礁、透き通った海があることから、日本で最も人気のあるシュノーケリングやスキューバダイビングスポットのひとつです。

アクセス方法

奄美大島は、日本の多くの主要都市からは飛行機で、また鹿児島からはフェリーでアクセスすることができます。

飛行機を利用する場合、東京からは2時間35分、大阪からは2時間、そして鹿児島からは1時間5分です。

奄美大島は、鹿児島と沖縄 那覇 を結ぶフェリーの航路の途中にあります。所要時間は鹿児島からは11時間、沖縄 からは13時間です。

概要

奄美大島は、日本で9番目に大きな島です

大島は薩南諸島最大の島で、文字通り「大きな島」という意味です

海と砂浜の楽園

大島は奄美群島国立公園の一部で、見事に透き通った海に囲まれています。豊かな珊瑚礁と亜熱帯の水生生物が生息しており、ダイビングやシュノーケリングに最適です。島内では、複数の場所で道具をレンタルしたり、レッスンに申し込むことができます。

奄美大島の北部は人気のリゾート地で、白い砂浜と大きな珊瑚礁が点在しています。

ビーチから森林へ

奄美大島の約95%は森林で覆われており、島の中央に位置する川沿いには、日本で2番目に大きなマングローブ林が広がっています。カヤックをレンタルして満潮とともに出かけたり、ツアーに参加して島特有の生態系について学んでみましょう。この地域は、特に多様な鳥類が生息していることで知られています。

島独自の文化

奄美大島をはじめとする薩南諸島の島々は、九州や、南は沖縄の琉球王国の影響を受けてきました。一般的に、奄美の音楽やお祭り、そして島の雰囲気は、本土のそれよりも沖縄の文化に近いものがあります。奄美パークの民族博物館を訪れ、島の文化についてさらに学びましょう。

島の料理といえば、やはり新鮮な海産物ですが、最も人気なのは「鶏飯」と呼ばれる鶏肉と米を混ぜた料理です。

観光するには

奄美大島のしまバスでは、お得な料金で購入することができる数日間有効なバス乗り放題券を販売しています。ただし、行きたい場所にどこでも行けるというわけではないので注意しましょう。

小型バイクや自動車をレンタルすると、郊外にアクセスしたり自由に移動することが可能になり、滞在を満喫することができます。また、地域によってはサイクリングをすることも可能です。

奄美大島の周辺情報

Amami Oshima 自然
奄美大島 Kagoshima-ken
Amami Park アトラクション
奄美パーク Amami-shi, Kagoshima-ken
Tokunoshima Island 自然
徳之島 Oshima-gun, Kagoshima-ken
Okinoerabu Island 自然
沖永良部島 Oshima-gun, Kagoshima-ken
Yoron Island Area 自然
与論島 Oshima-gun, Kagoshima-ken
Southern Cross Center 自然
サザンクロスセンター Oshima-gun, Kagoshima-ken

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages