高千穂神社

Takachiho Shrine Takachiho Shrine
Takachiho Shrine Takachiho Shrine

舞で神話を継承する神聖な神社

高千穂神社は約1900年前に創建された神社で、瓊々杵尊以下、日向三代の神々を中心にお祀りしています。高千穂 の地は、日本神話において非常に重要な場所で、かつては500以上の神社があったと言われています。高千穂神社は縁結びや厄祓の神様として今でも広く信仰を集めています。

おすすめ

  • 毎晩、神楽の公演が行われています
  • 高千穂峡の滝の下で手漕ぎボートに乗船しましょう
  • 天岩戸神社へ立ち寄ってみましょう

アクセス方法

高千穂神社は、高千穂 から、車、バスまたはタクシーでアクセスすることができます。

高千穂神社は、高千穂中心部の西側、バスセンターから歩いて15分ほどのところにあります。ホテルに宿泊する場合は、多くのホテルが運行している、毎晩神社で公演が行われる神楽 のための無料シャトルバスを利用することもできます。

日本で有数の神聖な神社の歴史に触れる

高千穂神社は、日本の多くの神社のように鮮やかな朱色ではなく、周辺の自然に完全に溶け込むような素朴な外観をしています。

根元でつながっている二本の背の高い杉の木があり、木の周りを家族や恋人と手をつないでまわると、子孫繁栄の願いがかなうと言われています。

神楽を通して、高千穂の文化と歴史を学ぶ

高千穂神社では、毎晩神楽 の公演を見ることができます。これは、天照大御神が洞窟に隠れて世界が闇に包まれたものの、にぎやかな踊りに誘われて洞窟から出てきた、という神話を再現したものです。神楽の公演は、毎晩行われています。

最新の情報は変更がありえますので、公式HPなどをご確認下さい



* このコンテンツの情報はCOVID-19の影響により、実際の状態と異なる場合がありますのでご注意ください。

キーワード

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages