祭り・イベント

都をどり

Miyako Odori Miyako Odori
Miyako Odori Miyako Odori

音楽に合わせて舞を踊る芸舞妓の時代を超えた輝き

「都をどり」は文字通り「首都の踊り」という意味で、この国の都が京都にあったことに由来しています。毎年開催される舞踊公演で、芸妓と見習い修行中の舞妓が、見事な衣装に身を包み踊る姿は見逃せません。

アクセス方法

公演の開催場所の祇園甲部歌舞練場へは、公共交通機関が便利です。

劇場へは、京都駅 からバスまたは電車で行くことができます。バスで行く場合は、祇園甲部歌舞練場行きのバスがどれか駅の職員に尋ねてください。劇場の最寄駅、京阪本線衹園四条駅からは徒歩で約8分です。

概要

「都をどり」は1872年に京都博覧会の附博覧として始まり、祇園甲部歌舞練場はこの行事の翌年にのために建てられました

公演は全8景で構成され、舞踊や音楽など、芸舞妓がお稽古に励む多岐に亘る芸事を見ることができます

事前予約をして開演前に抹茶(緑茶の一種)と伝統的な和菓子を楽しみましょう

華麗な伝統芸能を鑑賞できる貴重な機会

祇園甲部の芸妓と舞妓により、50分にわたり披露される優美な踊り、歌、演劇は、それだけで4月に京都 に行きたくなる理由の一つとなるでしょう。芸舞妓のお座敷の手配は紹介がないと難しく、また少々高価なので、普段お目に掛かれない芸舞妓さんを見られる機会は貴重です。

「都をどり」は毎年4月1~30日まで毎日午後に34回公演されます。チケットは窓口で購入するか、事前予約も可能です。

「都をどり」に行くなら、公演の前後で円山公園 鴨川 哲学の道 を訪れ、午後から夜まで素晴らしい春の京都を満喫してください。



* このコンテンツの情報はCOVID-19の影響により、実際の状態と異なる場合がありますのでご注意ください。

都をどりの周辺情報

Miyako Odori 祭り・イベント
1. 都をどり
Kennin-ji 歴史
2. 建仁寺
gion-hatanaka ラグジュアリーステイ
3. 祇園畑中
Hanatoro 食べ物と飲み物
4. 東山花灯路
Yasaka Jinjya 歴史
5. 八坂神社
Yasaka Jinjya 祭り・イベント
6. おけら参り

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages