アトラクション

角島大橋

Tsunoshima Bridge Tsunoshima Bridge
Tsunoshima Bridge Tsunoshima Bridge

日当たりの良い海辺のリゾートにつながる紺碧の海に架かる橋

日本海沿いの山口県 の北西海岸に位置する角島大橋とその周辺の素晴らしい景色は、多くのテレビコマーシャルに登場しています。一見すると、その理由がわかります。典型的な晴れた日には、紺碧の海と水平線に浮かぶ小さな島々が、旅行者が求めるロマンチックで牧歌的な休暇を提供します。

車で橋を渡り、リゾート、コバルトブルービーチ、日本最古の洋風灯台など、角島を探索しましょう。角島は少し人里離れているかもしれませんが、そこにたどり着くのは努力する価値があります。

おすすめ

  • 1876年に建てられた角島灯台
  • 島のリゾートエリアとコバルトブルービーチ
  • 海士ヶ瀬公園から橋を渡った景色

アクセス方法

下関エリアへは飛行機、列車、バスで行くことができます。

東京の羽田空港から山口の宇部空港まで飛行機で行き、空港乗り合いタクシーで下関駅まで行きます(1時間15分)。下関駅で山陰本線に乗り換え、特牛駅で下車します(80分)。ブルーライン交通バスに乗ってホテル西長門リゾートの入口バス停へ向かいます(15分)。ビーチはそこから徒歩5分です。

車でのアクセスが最適で、下関ICから約1時間かかります。または、山陰本線でアクセスできる特牛駅または滝部駅からブルーライン交通バスをご利用ください。

晴れた夏の日には角島大橋が見事です

夕焼けは角島大橋を見るのにも絶好の時期です

スパンを越える前後

本土側の橋のすぐ横にある海士ヶ瀬公園は、思い出に残る写真を撮るのに最適な場所です。角島自体は木々に覆われ、家も少なく、人里離れた雰囲気で、リゾートも魅力的です。島や角島大浜キャンプ場でキャンプができます。

角島灯台に着くと、駐車場や地元のお土産を売るお店、カフェ、公衆トイレがあります。地元で獲れたイカのグリルは、本格的な沿岸生活の味を提供する地元の名物の1つにすぎません。

カップルに人気の灯台

明治政府は、英国の建築家リチャード・ヘンリー・ブラントンに角島灯台の建設を依頼しました。建物は一般公開されており、カップルに人気のスポットです。建物の魅力の一部は、白い壁が青い夏の空に対してどのように際立っているかに見られるかもしれません。

灯台の中の狭く曲がりくねった階段を小額の料金で登ることができます。上から屋外に出て、角島とその向こうを眺めましょう。隣接する博物館では、大きな灯台のレンズとその構造を説明するディスプレイを見ることができます。

角島周辺の他の場所

角島への旅行と、123の朱色の鳥居で有名な北へ40分の元乃隅神社への立ち寄りを組み合わせてください。京都の有名な稲荷神社を彷彿とさせる場所ですが、ここの鳥居からは日本海、岩の多い海岸、岩に打ち寄せる波の景色を眺めることができます。

これらすべての風光明媚な驚異と京都の群衆のどれもがないため、この場所は、より有名な場所よりも魅力的であることがわかるかもしれません。



* このコンテンツの情報はCOVID-19の影響により、実際の状態と異なる場合がありますのでご注意ください。

角島大橋の周辺情報

Tsunoshima Bridge アトラクション
1. 角島大橋
Tsunoshima Lighthouse アトラクション
2. 角島灯台
Motonosumi-jinja Shrine 歴史
3. 元乃隅神社
Senjojiki 自然
4. 千畳敷
otozure ラグジュアリーステイ
5. 山口県・湯本温泉 大谷山荘 別邸 音信
Oumi-jima Island 自然
6. 青海島

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages