元乃隅神社

Motonosumi-jinja Shrine Motonosumi-jinja Shrine
Motonosumi-jinja Shrine Motonosumi-jinja Shrine

崖の上に建つ趣のある神社

元乃隅神社とその多くの赤い鳥居は、1955年に設立され、白狐のお告げによって設立され、山口 で最も有名な場所の1つになりました。元乃隅神社は訪れるのがとても楽しいパワースポットです。

おすすめ

  • 龍宮の潮吹を見る
  • 変わった場所にある賽銭箱にコインを投げる
  • 小さな石狐の石像を探してください

アクセス方法

山口県の北西部に位置し、主要な町から離れたこの場所は、人里離れた場所にあります。タクシーまたはレンタカーが最善の策です。

バスや電車は神社まで走っていないため、元乃隅神社まで車で行くか、タクシーを利用するのが一番です。神社は長門古市駅からタクシーで約20分、長門市駅からタクシーで約40分です。

龍宮の潮吹

日本海に面している崖の頂上の風は、しばしば強く吹き付けます。龍宮の潮吹は、波が崖に打ち寄せる際に、崖の特定の岩層の隙間層から白い海のしぶきが吹き上がる噴出口です。

123基の鳥居の参道は印象的な光景です

木造の鳥居が神社に通じています

日本で最も美しい場所の1つ

CNNトラベルの「日本で最も美しい場所31選」のリストで3位に選ばれた元乃隅神社は、評価にいつわりのない素晴らしい景色が楽しめます。

朱色の鳥居123基のトンネルをゆっくりと歩くと、小さな神社にたどり着きます。鳥居は、晴れた日には周囲の風景にある海の青や木々の緑の中で鳥居の朱色が際立ちます。

神聖な白狐霊があなたを歓迎します

おすすめポイント

この神社を訪れることの最も楽しいポイントの1つは、大鳥居のお賽銭箱です。

賽銭箱は通常、神社本殿近くのアクセスしやすい場所に置かれます。しかし、ここでは違います。

鳥居の最上部には賽銭箱が設置されており、参拝者がお賽銭を投げ入れることに挑戦できます。お賽銭を箱に入れるのに何回投げるのか見てみましょう。

見事お賽銭を箱に入れることができれば、願いが叶うと言われています。

白狐霊と山口県

日本の伝説の共通して現れる白狐は、人間の形に変化する能力を持つ狐霊です。ここでは、彼らは豊穣、繁栄のために信仰されています。狐はここに祀られている稲荷神の使者であり、白は目に見えないことを意味するために使用されます。

白狐の精霊に関連して山口 で訪れるもう1つの有名なスポットは、山口市 の温泉エリアである湯田温泉です。

1時間ほどあれば、元乃隅神社を歩き回ったり、観光したり、写真を撮ったりできます。これを萩エリアとその中にある明治日本の産業革命遺産群だけでなく、角島大橋とその向こうの島への訪問と組み合わせて、素晴らしい日帰り旅行を行うこともできます。



* このコンテンツの情報はCOVID-19の影響により、実際の状態と異なる場合がありますのでご注意ください。

キーワード

元乃隅神社の周辺情報

Motonosumi-jinja Shrine 歴史
1. 元乃隅神社
Senjojiki 自然
2. 千畳敷
otozure ラグジュアリーステイ
3. 山口県・湯本温泉 大谷山荘 別邸 音信
Oumi-jima Island 自然
4. 青海島
Tsunoshima Bridge アトラクション
5. 角島大橋
Tsunoshima Lighthouse アトラクション
6. 角島灯台

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages