広島の小京都でタイムスリップして散策

竹原は、その最盛期には塩と酒の主要産地でした。今日では、そのエリアは、保存された歴史的な町並みで有名です;そのエリアのメインストリートには江戸時代(1603-1867)に遡る伝統木造建築が並んでいます。その町は瀬戸内海に面しているので、広島エリアの旅の締めくくりに是非とも竹原を訪れてください。

おすすめ

  • 伝統木造建築の多くを飾る紙細工のようなパネル格子である、「竹原格子」
  • まちなみ竹工房で伝統工芸の竹細工体験
  • 酒蔵交流館で「龍勢」を試飲

アクセス方法

竹原は、広島から電車でまたは電車とバスの組み合わせが一番便利です。東京又は大阪から新幹線で広島まで来てください。

高速バスは、電車の駅にある広島バス停車場から竹原駅まで直行便があります;それには約1時間10分かかります。

電車で広島から竹原駅まで来るのでれば、新幹線又は在来線で三原駅まで来てください。広行きの呉線に乗り換えて、竹原駅で降りてください。

その他には、広島駅から広行きの安芸路ライナーでも行かれます。広に着いたら、JR呉線で三原方面に乗り換えて、竹原駅で降りてください。

保存された町並みのエリアまで、駅から徒歩で約12分です。

酒愛好家は必見

竹原は、酒造りの王座を近隣の酒醸地区西条に譲っていますが、その歴史的保存エリア内で残存する数少ない酒蔵の一つ藤井酒造を訪れてください。その生産者は、その受賞歴のある醸造酒生産のために伝統手法と地元産の米と温泉水を使っています。

日本のアルコールの歴史に興味のある人々にとっては、ニッカウィスキーの創立者竹鶴政孝は1894年に竹原で生まれました。彼の家業の酒蔵を離れた後に、スコットランドに渡り、スコットランド人の女性と結婚し、会社設立のために日本に戻ってきました。彼の生家では、今もなお酒造りが行われ、多くの方に愛されています。

光と影の祭り

一年のうちに数回色彩豊かな祭りが催されますが、竹原は夏季のお祭りがすべて盛大です。竹原最大のイベントは、たけはら町並み保存地区を5000本の竹灯籠の光でライトアップする「たけはら憧憬の路」です。毎年30000人以上がこのイベントに来場します。 お盆の間には、祖先の供養のための毎年の仏事である、8月の住吉祭では着物を着た女性が夜の通りを踊りながら通り、灯りの点いた灯籠が湾に浮かびます。

近隣の天然温泉

天然温泉を楽しむための場所が近隣にありますが、おそらく最も記憶にのこるものは、賀茂川荘にある「延命の湯」と呼ばれる温泉です。その他、湯坂温泉郷には日本庭園もあり、外国人観光客にも人気のエリアです。

歩いて向かう価値のある景色

竹原駅から1駅の所に黒滝山があり、それは266メートルの高さで登るのには45分ほどかかります。頂上からは街と周辺の瀬戸内海の素晴らしい眺望が拝めます。

33体の石仏が山道に並んでいます。その像は150年以上前に地元の人々から寄贈され、人々が坂を登る時に見守っています。



* このコンテンツの情報はCOVID-19の影響により、実際の状態と異なる場合がありますのでご注意ください。

キーワード

竹原の周辺情報

Takehara 歴史
1. 竹原
Okunoshima 自然
2. 大久野島
Hirayama Ikuo Museum アート・デザイン
3. 平山郁夫美術館
Kosanji Temple 歴史
4. 耕三寺
imabari & ozu area アトラクション
5. しまなみ海道
Shimanami-Kaido-Hiroshima アトラクション
6. しまなみ海道

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages