悲しい歴史が背景にある愛らしい動物の島

大久野島は、広島 沿岸にあって、そのウサギの数の多さで有名です。多くの来訪者がこれらの愛らしい生き物に会いに来ますが、彼らはその島が恐ろしい秘密を抱えていることを知らないかもしれません。

おすすめ

  • ビーチリゾートの南西部は、日没を見るのに最適な場所”ヒルオブイブニングサン”
  • 島の南端(立入禁止)で写真映えする灯台を探す
  • 島には226メートルの高さの最も高い鉄塔がある

アクセス方法

大久野島は、忠海港からフェリーでアクセス可能です。

本土からは、JR呉線の忠海からフェリーに乗ります。もう一つの島へのフェリーは、大三島を出発します。

いたるところにふわふわのウサギ

現在、島には正確には何羽のウサギが住んでいるのかを知るすべがありませんが、天敵の猫、犬は締め出されているため、個体数は増え続けるでしょう。

ウサギたちがどこから来たかについては矛盾する諸説があります。一部の人々は1971年に学童が放し飼いにした8羽の小さな一団の子孫であると信じ、一方では当初いたウサギは第二次世界大戦後に放し飼いにされた実験動物だったと唱えています。いずれにしてもウサギたちは、島最大の呼び物であり、世話が行き届いています。 ウサギたちは人との触れ合いに慣れており、ほぼ飼いなさられた状態です。ウサギは追いかける習性があるので、もし餌を持っていないときには、ただ走る準備をするだけでよいです。

その他の観光地

島には楽しめる多くのビーチがあり、キャンプ場もあります。どこへでもウサギは必ずいて、島で出来ることすべてに健全な愛らしさを加えてくれます。

暗い歴史

島はとても人気のある観光スポットである一方、悲しい過去があります。島はその歴史を避けることなく、より明るい未来のために探索しています。大久野島は、動物愛好家ではなくてもむしろ歴史好きであれば、訪れる価値があります。

日本は、1925年の化学兵器禁止のジュネーブ議定書に調印していましたが、わずか2年後の1929年年に大久野島に秘密の化学兵器工場を建てました。 第二次世界大戦の終わりまでに、マスタードガスと催涙ガスがこの工場で作られていました。

他から孤立していますが、比較的アクセスしやすい大久野島は、これらの秘密の活動には打って付けの場所でした。当時政府はその工場の存在を秘密にしており、島を地図から削除し、何が作られいるかは人々を蚊帳の外においていました。

終戦争時に文書は破棄され、連合軍は貯蔵された化学薬品を廃棄しました。わずか数十年後に政府が不正行為を認め、健康被害を受けていた人々に経済的、医学的支援を提供しました。

悲しみの資料館

1988年には、毒ガス製造の秘密の過去を包み隠さず示す資料館が開館しました。島全体のあちこちに脈絡なく前哨基地跡があり、この島には非常に場違いに思えます。



* このコンテンツの情報はCOVID-19の影響により、実際の状態と異なる場合がありますのでご注意ください。

大久野島の周辺情報

Okunoshima 自然
1. 大久野島
Takehara 歴史
2. 竹原
Kosanji Temple 歴史
3. 耕三寺
Hirayama Ikuo Museum アート・デザイン
4. 平山郁夫美術館
Shimanami-Kaido-Hiroshima アトラクション
5. しまなみ海道
imabari & ozu area アトラクション
6. しまなみ海道

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages