この歴史的な地区で昔の日本を体験する

美観地区とも呼ばれる倉敷美観地区は、倉敷 のかつての政治と商業の中心地です。現在は、美観地区として保存されており、昔の蔵が専門店、ミュージアム、カフェに改装されており、賑わっていることが多いです。

アクセス方法

美観地区はJR倉敷駅から徒歩で約10分です。

山陽線の普通列車でJR岡山駅から新倉敷駅に行くことができます。後者は東京、京都、大阪、広島、福岡などの山陽新幹線と東海道新幹線の停車駅から新幹線でアクセスできます。

おすすめ

  • 柳が立ち並ぶ倉敷川での川舟流し
  • 大原美術館のフランスの印象派の作品
  • レンタル着物を着て、街の雰囲気を満喫

新旧の融合

運河沿いにある倉敷美観地区の通りは、白塗りの石畳が敷かれており極めて日本風です。

この雰囲気は、江戸時代(1603-1867年)の日本と西洋の影響が入り混じった倉敷の建造物によって更に良いものになっています。融合されていることで、歴史が長く古いにもかかわらず、どういうわけかやや近代的にも見えます。

日本初の西洋美術館

地元のお店、ブティック、カフェの多くは蔵を改装したものですが、威厳のある大原美術館 は違います。1930年に日本初の西洋美術館として建てられたこの壮大な建物は、内外共に印象的です。

美術館は、国際的な素晴らしい美術、特に、モネやトゥールーズ・ロートレックといったフランスの印象派の作品を収蔵しています。藤島武二、青木繫、棟方志功の作品など日本人画家の作品も展示されています。

紡績工場から近代的なレストラン複合施設まで

洋風のホテルとレストランの複合施設であるアイビースクエアに行ってみましょう。完全にツタに覆われているレンガ造りの建物は、1889年に建てられた日本発の紡績工場だった建物です。

根深い穏やかな川

美観地区を流れる柳が立ち並ぶ倉敷川では、ガイド付きの川舟流しを楽しむことができます。倉敷 を良く知ることのできるロマンチックで有益なこの体験をしてみたい場合は、旧市庁舎の観光案内所でチケットを購入しましょう。

土産と他の雑貨

倉敷 は日本の藍染製品の中心地で、日本デニムの発祥地であり、児島デニムを専門とするショップがいくつかあります。ジーンズからジーンズスーツ、デニム製の着物まで、あらゆる種類のインディゴ製品や手作り製品を購入することができます。

酒蔵や小売店から直接購入できる倉敷ブランドの酒も有名です。船穂地区のワインや、甘い餅や饅頭などの地元の珍味を土産にしても良いでしょう。



* このコンテンツの情報はCOVID-19の影響により、実際の状態と異なる場合がありますのでご注意ください。

キーワード

倉敷美観地区の周辺情報

Kurashiki Bikan Historical Quarter 歴史
1. 倉敷美観地区
Ohara Museum of Art アート・デザイン
2. 大原美術館
Ivy Square 食べ物と飲み物
3. 倉敷アイビースクエア
Ohashi House 歴史
4. 大橋家住宅
Mitsui Outlet Shopping Mall Kurashiki ショッピング
5. 三井アウトレットパーク 倉敷
kibiji 歴史
6. 吉備路

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages